エギングで500g頭に2匹 狙いのキロアップはリベンジ案件【福岡・志賀島】

エギングで500g頭に2匹 狙いのキロアップはリベンジ案件【福岡・志賀島】

6月11日、「今回こそは良型を」と福岡市・志賀島にてエギング。狙いのキロアップは出なかったが500gを頭に2匹キャッチした釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

志賀島でエギング

6月11日、福岡市志賀島にてエギングゲーム。

このところ午前3時の起床が癖づいている。想定では到着後すぐに最干潮の時合い。そして、日が昇ってから満潮前の時合いで釣るつもりだ。

エギングで500g頭に2匹 狙いのキロアップはリベンジ案件【福岡・志賀島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

そんな予測はしたが「うまくいけばいいな」と、この日もタックルを準備しキャスト。干潮時はフォールスピードの遅いシャロータイプを選択。シャクった後にエギを抱くエギングでは、格段にアタリの違いがあり必ず持参する。

早々にヒットもカミナリイカ

すると数投で答えが出た。フォール後のラインから少し違和感が伝わる。アワセを入れるとグンとした重量感。しかし、ジェット噴射がなく回転する感覚。これは多分”あいつ”だなと。ライトを点灯し確認するとやはりカミナリイカ。何度も墨を吐きテトラも真っ黒に。次こそは、とアオリを狙う。

500g本命キャッチ

5時前には空が明るくなり日の出を迎えた。潮はゆっくりと上げてきている。明るくなればアタリをPEラインの動きで見る釣りもできる。このラインの動きでアワせた後のジェット噴射が快感である。

立ち位置を変え、キャストしたエギを軽くシャクるとラインがピンと張った。「よし!」とロッドをあおるとギュンギュン引く。これはもらった!500gと大きくないが、アタリをとって釣った感覚はサイズ以上にうれしい。

広範囲にキャストすると、遠投したエギが大きく持っていかれサオ先に伝わるほどのアタリがでた。が、サイズダウン。シーズン当初からどんどんサイズが下がっていくのが残念であるが、サイズは選べない。

「満潮まで時間があるしまだ釣るぞ!」と思ったのもつかの間。携帯に「帰ってくるように」との着信。1kg超えはまだまだ狙えるはずと信じて通う日が続きそうだ。

<週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
志賀島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。