【2021関東】ボートハゼ釣り入門 タックル・釣り方・オススメ船宿

【2021関東】ボートハゼ釣り入門 タックル・釣り方・オススメ船宿

ひと口にハゼといっても、さまざまな近縁種がいる。その中でも、釣りのメインターゲットとなるのはマハゼだ。今回はボートで狙うマハゼ釣りをピックアップする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

ハゼの特徴

ハゼの寿命はおよそ1年。春から初夏に生まれ、7月ごろには10cm前後になり、「デキハゼ」と呼ばれる。

8月の盆すぎには15cmを超えるものが顔を見せるようになり、9月以降になるとさらに良型化、「彼岸ハゼ」の愛称で親しまれている。

特徴は、大きな口と目。愛嬌たっぷりでユーモラスな顔。大きな口で活発にエサを捕食する。浅瀬の海底に腹をつけて生活しているため、腹ビレが吸盤状になっていて、岸壁に張りついていることもある。

ボートハゼ釣りタックル

千葉県江戸川放水路のボート釣りは、水深1~2mの浅場を探るので、2.4~3m前後のノベ竿がいい。水深に合わせられるよう長さの違うものが揃えられればベスト。リール竿でも問題ないが、手返しの点であまりお勧めしない。

船宿でレンタルできる手バネは1.5~2mと短く軽いうえ、イト巻きからミチイトを出せば少し深い場所にも対応できる。釣趣を優先して専用の中通し和竿を愛用するファンもいる。ミャク釣りでは持ち重りしない先調子ならアタリが取りやすい。

【2021関東】ボートハゼ釣り入門 タックル・釣り方・オススメ船宿ボートハゼのタックル(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

仕掛け

ミチイトはナイロン1.5号前後。最近は感度を重視して0.6~0.8号のPEラインラインを使う人もいる。ハリスは0.8~1号でオモリから3~5cmほど上に枝スを結ぶ。枝スの長さは4~8cm。結び方がわからなければ、ワンタッチでハリス付きのハリが付けられる自動ハリス止めを介してもいい。仕掛けの全長は竿の長さと同じくらいが扱いやすい。ハリは袖4~6号、またはハゼ5~6号。

オモリはナス型やタイコ型の1~2号。障害物周りで石と石の間に挟まって失くすことがあるので数個予備を用意。

エサの刺し方と管理

青イソメが一般的。付け方は、頭の硬い部分を取り、ハリに沿って通す。タラシは5mm~1cmくらいで、食いがいいときは短め、食いが渋いときは長めにする。

エサは炎天下に直接置くと痛みが早いので、使うぶんだけ小出しにして、残りはエサ箱に入れ、クーラーしまっておく。

その他のアイテム

複数本の竿を使用するときにはボートの船べりに付ける竿掛けがあると便利。また、釣った魚は編み目のこまかいフラシに入れる。竿掛けや船べりについたオールの受け金具などにかけておくといい。ある程度魚がたまったらチャック付きビニール袋に入れて氷の効いたクーラーへ。

日差しの強い季節なので、帽子や日焼け止めは忘れずに持参、熱中症予防のためにも十分な飲み物を用意する。凍らせたペットボトルが数本あるといい。

次のページでは釣り方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。