『アカハタゲーム』ステップアップ:バス用ワームは積極的に流用しよう

『アカハタゲーム』ステップアップ:バス用ワームは積極的に流用しよう

アカハタゲームはバスフィッシングに通じるところが多い。使用するリグも操作も似ていて、バスアングラーには入りやすい釣りだ。ワームもバス用のものを流用することができる。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アカハタゲームの特徴

アカハタは岩礁帯にいる根魚だ。アカハタは甲殻類やベイトフィッシュを捕食している。そのためテキサスリグやジグヘッドリグで、甲殻類やベイトフィッシュを模したワームを使用して狙うことが一般的だ。

様々なワームを駆使し攻略する必要があるため、非常にゲーム性が高く、人気のターゲットである。

アカハタゲームのワーム

アカハタゲームに使用されているワームは、甲殻系のワームとベイトフィッシュ系のワームがある。甲殻系のワームには、クロー系やホグ系と呼ばれるワームがあり、エビやカニに似たシルエットをしている。

ベイトフィッシュ系のワームにはシャッドテールやピンテールなどがあり、アカハタのベイトフィッシュとなるイワシやネンブツダイに似た形をしたワームがある。

テールがヒラヒラと動くグラブ系のワームは甲殻系パターンでもベイトフィッシュパターンでも有効なワームだ。

バス用ワームも使用可能

ブラックバスを釣るために使われるワームもアカハタゲームに使用できる。むしろバスワームの方が釣果につながることもある。ロックフィッシュ用のワームを購入するために釣具店に行った時は、バスコーナーもチェックしよう。

『アカハタゲーム』ステップアップ:バス用ワームは積極的に流用しようアカハタゲームで使用しているバスワーム(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

バス用ワーム使用の魅力

バス用ワームは地域にもよるだろうが、ロックフィッシュ用のワームよりも入手しやすい。またロックフィッシュ用ワームよりも様々な種類があるため、ゲーム展開の幅が広がる。バスアングラーがこれからアカハタゲームを始める時は、まず手持ちのワームで試すことをおすすめする。

また今ロックフィッシュをメインで狙っているアングラーも、数あるバス用ワームからアカハタに有効なワームを探し当てて、他のアングラーとは違うゲーム展開をして、取り逃しているアカハタをゲットしよう。

次のページではアカハタゲームのワームに求められる条件を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。