大物狙いエリアトラウトを満喫【フィッシングランド鹿島槍ガーデン】

大物狙いエリアトラウトを満喫【フィッシングランド鹿島槍ガーデン】

長野県大町市にある管理釣り場・フィッシングランド鹿島槍ガーデンに行ってきました。初対面のアメマス、ビッグなブラウンなどが釣れ楽し釣行となったので、その模様をお届けします。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

鹿島槍ガーデン

北アルプスをのぞむ大自然のなかにある鹿島槍ガーデンには、大きな3つのポンドがあり、雪解けの冷水で育った安心安全に管理されている自社養殖の魚たちが放流されています。

事前にインターネットで調べると、釣れる魚が驚くほど大きい。「私にも釣れるのかな?」と、不安とワクワクでいっぱい。ターゲットが大きいので、使用するスプーンは重めの4.5gがメイン。小さいルアーだと丸飲みされてラインが歯にあたって切られてしまいます。

開始早々イトウをキャッチ

1号池から開始。朝まで降り続いた雨の影響で水色は濁り気味。アピール力の強いオレンジ色のスプーンをチョイス。投げて表層をチェックするけど反応なし。次は中層を引いてくると、いきなりドーンっ。グーンと強い引きにビックリしながら「バレないで~」と、心のなかで祈りながら慎重に寄せていきます。ファーストヒットは、自然界では”幻”と言われるイトウ。

大物狙いエリアトラウトを満喫【フィッシングランド鹿島槍ガーデン】中層でイトウがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

「次は何が釣れるかなぁ」と、期待しながらスプーンを投げます。しばらく、アタリはあるものの、ハリがかりしない時間が続いたので、スプーンの色や重さをチェンジ。それでもアタリはなかなかきません。

アメマス&レインボー続々

すると、常連の人が「これを使ってみて」と、黒のラメ入りを貸してくれました。数回投げてみるとアタリがきて、これは釣れそうな予感。しばらくすると的中、釣れたのは初対面のアメマス。魚体の柄が私好みでとてもかわいい。

大物狙いエリアトラウトを満喫【フィッシングランド鹿島槍ガーデン】ルアーローテで探る(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

池の濁りが薄らいでくると、良型のレインボーやアメマスが次つぎヒット。魚に見きられないようにルアーローテーションしながら、たくさんの大きく美しい魚たちに出会うことができました。

ここ鹿島槍ガーデンで釣れる魚はどれもとても引きが強く、ヒットするとリールのドラグがジージー。ハラハラ、ドキドキで楽しませてくれます。

次のページでは大型ブラウントラウトが登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。