スルメ&ムギイカ釣行:イカメタルと胴つきで狙う!【福井県・豊漁丸】

6月7日、福井県敦賀市色ケ浜豊漁丸ムギイカ狙いで乗船した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

深夜便でムギイカを狙う

ムギイカ狙いは半夜便と深夜便の二便あるが、今回は深夜便。

豊漁丸。

午後8時到着を目指して自宅を出た。

しかし高速道路の工事の影響により30分遅れで現地に着いた。

午後9時に受け付け開始。

9時30分に釣り座の抽選が行われた。

私は当たりダナで胴つきかイカメタルか決めたかったので、両者の間の左舷胴の間に入れてもらった。

イカメタルは5人、胴つきは10人だ。

午後10時に出船、1時間ほどでポイントに到着した。

半夜便からイルカの大群が現れたとの情報が入ったらしく、目指していたポイントより手前で開始となった。

まずはイカメタルから

イカメタル。参考タックル図。

パラシュートアンカーが投入されると、やがて上山船長から「水深は167m。タナは30~60mです。胴つきの方はオモリ80号でやってください」とアナウンスが入り、釣り開始となった。

まずはイカメタルで当たりダナを探る。

62~63mまで落とし、ワンピッチでシャクり上げていくと58mでヒット。

胴長20cmほどのムギイカをゲットした。

ムギイカというよりスルメイカだ。

同じように63mまで落とし、再びシャクりながら巻き上げると61mでヒット。

幸先いいスタートだが、調子のいいときは30mより上のタナでくると聞いていたため、想像していたタナより深い。

やはりこちらもイルカが影響しているようだ。

この場合、胴つきで広いタナを探った方が有利だと感じたため、タックルを胴つきにチェンジしてみた。

胴つき仕掛けへチェンジ

胴つき仕掛け。参考タックル図。

ところが、タックルを変えた途端にアタらなくなった。

周りを見ると、明るめのスッテやおっぱいスッテに良く乗っているようなので、暗めのスッテを全てチェンジ。

するとポツリポツリとヒットした。

しかし乗っても1匹と渋い状態が続く。

そんななか、隣のイカメタルの人は順調に釣り上げている。

何mでアタっているか聞いてみると、120mとのこと。

深いタナから確実に1匹ずつ釣り上げられていた。

その後も入れ掛かりという状態にはならなかったが、底から探って少しずつ数を伸ばしていく。

しばらくして船中騒がしくなった。

眠気を飛ばして誘いながらシャクり上げていくと、ダブルでヒット。

活性が上がってきたようだ。

しかし、それと同時にサバも回ってきてムギイカのタナまで落ちないうちにヒットしてしまう。

そのうちにイカの活性も落ちてしまった。

午前2時ごろ減光された。

上層のタナで入れ乗りを期待したが、イルカの影響が解消されることはなく、ムギイカの乗るタナは深いままで、4時20分に終了となった。

釣果&料理

当日の釣果は、ムギイカとスルメイカ合わせて26匹、サバ3匹だった。

釣果。スルメ&ムギイカで26匹。

ちなみにサオ頭はイカメタルの斉藤さんで55匹。

イルカの影響のなかでさすがの釣果だった。

イカ料理はとてもやわらかくて美味しかった!

1匹ずつ締めてから氷に当たらないように丁寧に持ち帰ったムギイカは、刺し身塩辛、ホイル焼きにしたが、とてもやわらかく、いくらでも食べられるおいしさだった。

真子も入っていたので、湯通ししてポン酢をかけてみたが、これもなかなか評判が良かった。

いい日には3ケタ釣果も夢ではないムギイカ釣り。

近いうちにもう一度チャレンジする予定だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・JOFI愛知・森麻里子/TSURINEWS編>

▼この船について
豊漁丸
エリア:敦賀エリア
出船港:敦賀港

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年6月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。