今さら聞けない『バスフィッシング』のキホン:野池に適したロッド長

今さら聞けない『バスフィッシング』のキホン:野池に適したロッド長

バスフィッシングフィールドの一つとして身近な野池。陸っぱりの釣りがほとんどになりますが、そんな野池でのバス釣りに適したロッドの長さは何ftなのでしょうか。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター川上克利)

川上 克利

身近で楽しめる釣りを主に執筆していきたいと思います。個人的には淡水の釣りが多いですがソルトゲームも手を出します。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

野池に一本持って行くとしたら何ft?

2セットのタックルを持って行った方が釣りの幅は増えますが、当然機動力は落ちてしまいます。そこで野池に一本だけロッドを持って行くのであれば何ftのロッドが最も適しているのかを考えてみましたが、筆者のベストアンサーは6ft台のロッドです。

まず、6ft台のロッドでも「ほとんどの野池で必要とされるルアー飛距離」を出すことができます。大遠投ではロングロッドに敵いませんが、合格点は出すことができます。実際にフィールドに立つと分かるのですが、野池では飛距離以上にロッドの取り回しのよさを考えた方がストレスなく釣りができます。野池でロッドを一本のみに絞るのであれば、6ft台のロッドにフロロの10lbか12lbを組み合わせて使うのが筆者のベストアンサーです。

いかがでしたか?もちろんポイントの規模やシチュエーションによって異なりますが、総合的に見て6ft台のロッドが野池では一番使いやすいかと思います。自分のよく通うポイントに合わせてロッドを選ぶ事で効率よく釣りをする事ができますよ。

今さら聞けない『バスフィッシング』のキホン:野池に適したロッド長野池のバスに挑戦しよう(提供:TSURINEWSライター川上克利)

<川上克利/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。