ウェ―ディングゲームで良型シーバス 表層狙いが奏功【三重・木曽川】

ウェ―ディングゲームで良型シーバス 表層狙いが奏功【三重・木曽川】

よりウェ―ディングでシーバスを狙って三重県桑名市の木曽川へ釣行。シンペンの表層狙いで今年初のシーバスをキャッチしたので、その模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でシーバスゲーム

4月8日、夕方より三重県桑名市の木曽川へ向かった。今回で数回目の木曽川釣行だが、まだ私には春の訪れがない。今回こそと楽しみにしていたが、あまりの風の強さに半分諦めながら現地到着。風は吹いたりやんだりのため、ゆっくりと準備を済ませた。

北風のお陰で河川にはたくさんの潮目があり、雰囲気は良かった。まずは上流、下流を歩きながら探る。2時間ぐらい岸から探ったが、魚からの反応は全くなかった。

ウェ―ディングゲームで良型シーバス 表層狙いが奏功【三重・木曽川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

ようやくウェーディングできる水位になり、エイに気をつけながら深場へと浸かる。当日水の色は澄んだ色で、流れも緩やか。魚さえ入ってくれば釣れる。あと数時間で干潮、それまでに出会いたい一心で、ひたすらキャストを繰り返した。

表層を攻め本命ゲット

風は時間がたつにつれ強くなり、思うように狙っているポイントへキャストできないでいた。ここでシンペンを選択する。ボトムで全く反応がないため、表層辺りを探る。これが的中した。

ルアーを替えてわずか1投、着水と同時にバイトが出た。アワセを入れると魚は頭を振るが、エラ洗いはない。ゆっくり丁寧に手前に寄せてくると、ようやくエラ洗いをしてシーバスだと確信した。

なんとかランディングにも成功して、今年初の木曽川シーバスと出会うことができた。やはり今年初のシーバスはうれしい1匹だ。

次のページで釣行の注意点を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。