泳がせ釣りでカサゴ族7匹 エサ狙いのサビキも楽しい【三重・魚勘丸】

泳がせ釣りでカサゴ族7匹 エサ狙いのサビキも楽しい【三重・魚勘丸】

イワシ泳がせ釣りが絶好調ということで、釣友を誘って、三重県鳥羽市相差の魚勘丸を訪れた。18~29cmのカサゴ各種7匹を釣った釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・森麻里子)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

魚勘丸で高級魚狙い

星空や夜景を楽しみながら午前5時半に到着。愛ちゃんとの合流後に検温を済ませ、乗船名簿に記載して港へ向かう。この日の釣り人は私たちを入れて6人で、右舷ミヨシから愛ちゃん、私と並んで釣り座を構えた。

午前6時すぎに出船。まずは的矢湾でエサを確保する。愛ちゃんとは係を決めてのコンビネーションプレイで、私が釣り役で愛ちゃんは外し役。サビキ仕掛けをセットして、底まで落とすとサッパがヒットして鈴なりで上がってきた。

反応がなくなると、おやじさんは反応を探して船を移動。サッパのみならず小アジや中アジも交じって楽しい。こちらは釣るだけで楽しい思いをさせてもらったが、愛ちゃんは大忙し。一年前も同じ係だったので今回も感謝だ。

おやじさんはイワシの反応も探してくれたが、ごくたまに交じる程度。しかし、エサは十分に確保でき、船はポイントの大王崎沖に向かった。

カサゴ&マトウダイ登場

水深はおよそ50m。サッパの上顎にハリを刺し、孫バリは腹掛けにして投入した。底立ちを取り1m上げて誘ってみる。それを繰り返していると、サッパが暴れだしてアタリが出た。

しばらく待ち、大きな食い込みでアワせるとヒット。中速で巻き上げていると途中でサオ先が弾かれ、なんと痛恨のバラシ……。開始早々にもったいないことをしてしまったが、気を取り直して再投入。しかし、しばらく反応はなかった。

そして船はポイント移動。すると、すぐに右舷トモの釣り人に良型カサゴ。続いて私にもウッカリカサゴがヒットした。愛ちゃんにはヒラメらしきアタリが出たが、残念なことにヒットにはつながらなかったが、その後すぐにカサゴをゲットしていた。

どうやらヒラメの食い気はいまひとつのようだが、その後もカサゴを連続ヒット。また少しして、右舷トモの釣り人がマトウダイを釣り上げた。

愛ちゃんはいつもと言っていいほど高確率でマトウダイを釣り上げるので、「期待に応えてね!」とお願いすると、期待通りにヒットさせた。さすがは愛ちゃん(笑)。

カサゴ族のお土産に満足

アタリが遠くなると船が移動して、水深80mのポイントへやって来た。しばらくすると左舷トモの釣り人にヒラメがヒット。小アジを付けてヒラメを待つと、ひったくられるようにヒット。ドラグが滑り、イトが引き出される。どうやらサメのようで、船の反対側に入ってしまい焦ったがハリスが切れた。

すると、すぐ愛ちゃんにもサメがヒットしたが同じようにハリス切れ。そして右舷トモの釣り人にもヒット。船内を半周回ってのファイトに船中注目で、姿を現したのはやはりシュモクザメ。しかし、水面でバレた。

しばらくすると愛ちゃんにハタがヒット。こちらは17cmのオニカサゴがヒットしたがリリース。この日の持ち帰りは18~29cmのカサゴ各種(カサゴ、ウッカリカサゴ、アヤメカサゴ)7匹だったが、最初にサッパとアジの入れ食いを堪能していることもあり、終始楽しく大満足だった。

ちなみに、翌日は開始直後からヒラメの食いが良くて絶好調だったそうだが、釣りはそんなギャンブル性もあるから面白い。

午後1時すぎに港へ戻ると、トンジギから戻っていた誠司船の釣り人でにぎわっており、この日は渋いながらも9匹上がったそうだ。そして宿に戻り、おかみさんらと楽しいひとときを過ごして相差を後にした。

カサゴ料理に舌鼓

この日はおよそ一年ぶりの鳥羽だったので、寄り道も堪能。民話の駅・蘇民や浦村のカキ、魅力的な店が入っている高速のSAにも立ち寄り、買物も充実した。

泳がせ釣りでカサゴ族7匹 エサ狙いのサビキも楽しい【三重・魚勘丸】釣果は煮付け・刺し身・お吸い物に(提供:週刊つりニュース中部版APC・森麻里子)

そして釣果のカサゴは刺し身や煮付け、お吸い物にしたが、一家そろってカサゴが大好きなので、大きな煮付けに大喜び。大変充実した感謝の釣行となった。

<週刊つりニュース中部版APC・森麻里子/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
魚勘丸
出船場所:鳥羽市相差町
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。