タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】

タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】

3月20日、釣友の川中さんとHさんの3人で福井県・おおい町の遊漁船を利用し、タイラバでアマダイを狙った。本命のアマダイほかさまざまな魚種が釣れ楽しめたのでリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タイラバでアマダイ狙い

ここ数日ポカポカ陽気で桜前線上昇中の3月20日、釣友の川中さんとHさんの3人で福井県・おおい町の遊漁船を利用し、タイラバでアマダイを狙って釣行した。午前5時に出発。高速道路を車で走らせ。2時間ちょっとで現地に到着した。

当日は、低気圧の接近で晴れ後曇り、小雨で昼すぎから強風予報。沖が荒れる前の午前中が勝負と気合を入れる。早速釣り支度を済ませ、8時ごろに出船。乗船人数は私たちを含め10人だ。

タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】タックル図(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

40分ほど走った水深90mでスタート。当日は暖かくなってきたと言え、3月は一年でもっとも低い水温の時期。タイラバを着底させ、ゆっくりと巻き上げることを心がける。普段アマダイは海底の砂泥に潜っているので、タイラバを底まで落として、リールを5回転巻いてはまた落とすを繰り返す。

早々にアマダイ&アオハタ登場

開始と同時にHさんにアオハタがヒット。さらに川西市の岡本さんにはアマダイがヒット。だが私にはアタリがない。しかしまだ始まったばかり。そのうちに釣れるでしょうと思っていると、着底ひと巻き目にコンコンと小さなアタリ。だが乗らない。

タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】船中ファーストヒットのアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

その後アタリがなく、時間だけが過ぎる。潮も動かない。風が吹く予報なのに、ほぼ無風状態で船が流れない。船が釣れる場所を探して場所を変えると、渋いなりに他の乗船者はアマダイを釣り上げている。

グローのスカートで本命

水深100mのポイントで、ようやく私にも待望のヒット。小気味いい引きなので、これはアマダイではなさそうだ。水面に上がってきたのはレンコダイ(キダイ)だ。その後、外道だがおいしいカナガシラを追加。

タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】カナガシラ登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

アマダイを釣っている人を見ると、グローのスカートを使っているので、私も鯛ラバーQ2のミルキーグローオレンジ120gにチェンジする。これが当たりで、私に本命のアマダイヒット。

タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】狙い通りのアマダイににんまり(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

時合い突入でヒット続出

渋い状況には変わらないので、船は移動を繰り返す。午後1時すぎにいいポイントに入ったのか、船尾ではアマダイが次々に釣れている。さらにHさんにアマダイが釣れて、時合い突入のようだ。潮も動き始めたみたいで、川中さんと私にダブルヒット。私はアマダイで、川中さんはアオハタだった。

タイラバで本命アマダイ40cm 好ゲストにオニカサゴも【福井】オニカサゴをしとめた(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

さらに最後に私に40cmオーバーのアマダイ、川中さんはオニカサゴを釣り上げた。午後2時ごろには予報通り強風になり、安全を考慮してタイラバを諦めて湾奥でサゴシを狙う。だが反応なく午後5時ごろに終了した。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。