夜の堤防ライトゲームを満喫 潮動きだすとヒラセイゴ連発【熊本】 

夜の堤防ライトゲームを満喫 潮動きだすとヒラセイゴ連発【熊本】 

天草の鬼池港でサオを出したところ、メバルにアジが釣れ、その後はヒラセイゴが連発した。面白い釣行となったのでリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鬼池港でメバリング

3月18日、先日のシーバスの写真を見た赤木君からシーバスを釣りたいと連絡があり通詞島に向かうが、先日とは打って変わり人が多い。「こりゃ無理よ。ちょっとアジ・メバル狙いに行こうか?」と鬼池に向かう。

夜の堤防ライトゲームを満喫 潮動きだすとヒラセイゴ連発【熊本】 筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

まずは明暗の暗の部分まで遠投し、時折アクションさせながら引いてくると、まずは赤木君にヒット!「なに~?」「メバルですかね?」上がってきたのは15cmクラスのメバル!

「どんどん釣って~」続いて25cmクラスのアジも釣り上げた。

夜の堤防ライトゲームを満喫 潮動きだすとヒラセイゴ連発【熊本】 同行者はアジをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

「潮が動き始めたな」私にもアタリはあるものの、なかなか乗らない……。その時、赤木君のロッドが大きく曲がる!「シーバスか?デカイんやない?」だが、ファイトを力任せにしたのが仇となりフックが伸びた。

ヒラセイゴがヒット

「なんやったやろね?デカかったな~」悔やんでも仕方ないと伝え次を狙わせると、またロッドが曲がる!「なんか入ってんな?」無事にタモ入れしたのはヒラセイゴ!「あ~さっきのはフッコサイズかもしれんね」

ヒラセイゴが入っているならと、ワームを変えて遠投!

ゆっくり巻いて時折アクションさせてあげると「グッ……」「きたよ~」「ジッジーーッ」「まぁまぁかな」暴れる魚をいなし、無事にタモ入れ成功! 40cmクラスのヒラセイゴをキャッチ!

夜の堤防ライトゲームを満喫 潮動きだすとヒラセイゴ連発【熊本】 ヒラセイゴをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

ヒラセイゴを満喫して納竿

「この子らが入ってんのか」写真を撮り、次を狙うとまたまたヒット!「これまたヒラセイゴやない?」今度はゴボウ抜き!やはり30cmクラスのヒラセイゴ!「これはこれで面白い」

その後、アタってくるのはヒラセイゴばかり。あとは切れ藻がくっついてくるので釣りにならず帰路へ。

夜の堤防ライトゲームを満喫 潮動きだすとヒラセイゴ連発【熊本】 広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鬼池港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。