陸っぱりライトゲームでアジ数釣り達成 型小さいも連発【熊本・通詞島】

陸っぱりライトゲームでアジ数釣り達成 型小さいも連発【熊本・通詞島】

熊本県天草市の波止からソルトルアーゲームで、メバルにシーバス狙いで釣行。通詞島でアジの魚群に遭遇、小型ながらアジの数釣りを堪能できたのでリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鬼池港でメバル狙い

2月中旬未明、熊本県天草市に到着。

前日、前々日と比べ、当日は北西の風が吹き荒れ、海は荒れ模様。「メバル、ダメかな~」。

不安になりながら鬼池の海辺に立つと、若干のウネリ。「北西じゃなく西北西?」。だが、風は強く回り込んできている。

陸っぱりライトゲームでアジ数釣り達成 型小さいも連発【熊本・通詞島】ポイント広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

強風の中50cmチヌヒット

時折風が弱くなるタイミングを見計らいキャスト!「潮は右から左か……」。いい感じの潮だがアタリがない……。「沈んでるかな~」。

ちょっと右に移動し、ゆっくり流していく。時折吹く強い風にロッドがあおられ、何をしているか分からない状態。神経を集中させ、アタリを待つ……。

「グッ……」「食っ……たー!」「ジッジィー!」「お~デカい!」「グンッグンッ!」「……二夜連続、君か?」。明らかな首振り……。「頼む~、同じ首振りでも赤いやつであってくれ~」。

だが、願いはむなしく、足元まで寄せたのはチヌ!「50cmはあるかな。どーしよう」。チヌの姿を見て落胆し、上げるか迷っているとハリ外れ。「チヌだしな……」。

通詞島でシーバス狙い

このポイントをあきらめ、通詞島に。

通詞島に到着すると車はゼロ。「やっぱりイカも釣れてないんか……」。

シーバスタックルを持って堤防先端に。「お、いるいる」。すぐにミノーをキャストし、引いてくると「ん~チェイス……。距離30m、水深5mってところか?」。

シーバスのチェイスレンジが分かったところで、食わせのボトムアッパー+フラットジャンキー(イワシ)にチェンジ!

まずは着水と同時に巻いてくると、ミノーと同じようなレンジでチェイス。次は3秒沈めてからのリトリーブ! 「ん~このコースじゃないかな」。

少し左側にキャストし、3秒沈めてリトリーブしてくると「ゴンッ!」「きた~!抜けた~……マジか……」。せっかくのチャンスを無駄にしてしまった……。

小アジが数乱舞

まだいるシーバスを狙っていると、どこからともなく魚群!「アジ?」。海面が黒くなるぐらいの魚群が襲来し、見えていたシーバスが沈下!「アジ釣るか!」。

陸っぱりライトゲームでアジ数釣り達成 型小さいも連発【熊本・通詞島】アジングタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

車までタックルを取りに戻り、すぐさま魚群の先にキャストし誘うと「グッグ!」「何でしょう?」。心地よい引きをしながら、上がってきたのは15cmクラスのアジ!「この倍はほしいな……」。

だが、この癖になるようなアジ釣りも面白く、無双状態で釣れ続ける。「こんなアジ入ってるのに、シーバスは全然アジにバイトせんな。時折5cmぐらいの小さい魚にバイトか……。まだまだアフターか」。

シーバスの状態を確認し、この爆風の中、エギングの人が来られたので場所を譲り、小アジを堪能したところで帰路に。

陸っぱりライトゲームでアジ数釣り達成 型小さいも連発【熊本・通詞島】癖になる引きで面白い(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
通詞島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。