相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】

2月1日(月)、相模湾片瀬のまなぶ丸から友人と根魚五目釣りに行ってきました。良いサイズのオニカサゴ・カンコなどに出会えた釣行をレポートします!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まなぶ丸で根魚狙い

定刻の7時に相模湾片瀬のまなぶ丸を出船。初めての釣りなので、ポイントまでの移動中に美穂さんや常連に釣り方を教わります。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

びっくりしたのはハリがとても大きいことと、オモリ100号で重いこと。使用したエサは船宿で配られたサバの切り身。それとイカの短冊やサバ切り身のロング(持参)。仕掛けは2本バリです。

40cm級オニカサゴ顔見せ

まずは、イカエサを使って水深140mまで落とし、底から50cm~2mまで誘い上げます。「魚が食べたくなるようにエサを動かして……」と、海のなかを想像しながら竿をゆっくり上下。途中、エサの確認もしながら狙っていくけど、魚からの反応はなし。

それでも、めげずに誘い続けていると、隣で釣りをしていた美穂さんの竿にアタリ。やがて海面に浮かんできたのは大きなオニカサゴ。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】良型オニカサゴ浮上(提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

網ですくって船に取り込んだあと計測してみると、なんと40cm。初めて見る大きなオニカサゴに、「私も釣りたい!」と、気合入りまくりです。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】40cm級登場(提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

誘いを続けて本命手中

誘い続けていると、トントントンと竿先に反応。ゆっくり聞き上げてハリ掛かりを確認。電動リールのスイッチオンで、中速より少し遅めに巻き上げていきます。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】使用したタックル(提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

100m以上の深場なので、「途中でバレないで~」と、思う気持ちがいつも以上に強かったです。願いは叶い、可愛いサイズながら本命ゲット!

このあと、サイズアップを狙って、サバやイカなどエサを使い分けて試してみますがアタリは散発。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】アマダイも上がっていた(提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

40cm級カンコゲット

朝、厚い雲に覆われていた空は次第に晴れてポカポカ陽気で海もナギ。船上から周りの景色に癒されながら誘い続けていると、先ほどより大きなドンドンというアタリ。竿先を上げてから慎重に電動巻き上げ開始。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】船長がタモ取りしてくれる(提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

途中、グングンッと竿がしなると期待でワクワク。「どんな魚が登場するんだろう?」と、70、50、30m……。やっと顔を見せてくれたのは初めて見る大きなカンコ(ウッカリカサゴ)。本命ではなかったけど、40cm弱と大満足の大きさでした。

初の2魚種に満足

その後もオニカサゴを期待しながら誘い続けたけど、後半はアタリ減ってしまいタイムアップ。

相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】いいサイズのカンコ(提供:週刊つりニュース西部版 石坂衣里)

サイズは今ひとつだったけど、初めましての魚種が2尾増えて満足の釣行でした。

<週刊つりニュース西部版 石坂衣里/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:まなぶ丸
相模湾「根魚五目釣り」楽し オニカサゴにアマダイにカンコ【まなぶ丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。