船宿めぐり:植田丸【茨城県・鹿島港】

釣り好きの若い船長と、いつも朗らかで人当たりの柔らかい母親が女将を勤める、茨城鹿島の植田丸。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り その他 インタビュー

新しい釣り方を求めて

舵を握る植田竜也船長は船長歴は10年を超えるベテランだ。

もともと漁師の家系だが、父親である先代が遊漁をスタート。

身近に海がある生活を送り、高校を卒業してすぐに船を継いだ。

植田竜也船長

プライベートでは淡水のブラックバスやナマズといったルアー釣りをよくやる。

「なんでも手を出しますよ。」とジャンルを問わず楽しんでいる。

「新しい釣りはとりあえずやってみる。」というスタイル。

その結果、ブームになっているマイクロジギングのパイオニアのひとりになった。

乗船客に対しては

「マイペースで楽しみたい人がいると思うので、余計な口出しはしないようにしています。

でも、疑問点や釣り方など質問があればどんどん聞いてください。船の上で聞いてもらえれば、実践形式で教えられますから。」

2年前に蒼波くん、今年の3月に凪登くんが産まれて2児の父。

最後に今後の目標を聞くと

「3代目を育てたいです。どっちの子が興味を持つかなぁ」

と楽しそうに話してくれた。

<週刊つりニュース関東版 大高/TSURINEWS編>

▼この船について
植田丸
エリア:茨城南エリア
出船港:鹿島港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。