『メタルスッテ』でヤリ・スルメ・ケンサキのイカ御三家大爆釣【三重】

『メタルスッテ』でヤリ・スルメ・ケンサキのイカ御三家大爆釣【三重】

今年も待ちに待ったこの季節がやってきた。今年は高水温の影響もありやや開幕が遅れていたが、三重県・尾鷲方面のメタルスッテゲームが熱い状況となってきた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

エヌテックマリンでメタルスッテゲーム

ヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカ、イカ御三家との出会いを求め、釣友たちと1月14日の夕方から紀北町引本浦港から出船するエヌテックマリンに乗船した。メタルスッテゲームに出かけた。

『メタルスッテ』でヤリ・スルメ・ケンサキのイカ御三家大爆釣【三重】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

早速タックルを準備。ロッドは繊細なアタリを捉えるため、穂先の軟らかいソリッドティップのメタルスッテ専用の7ftモデル。リールはカウンター付きのベイトリールで、ラインはPEライン0.5号にイカメタル専用リーダーを結束した。

開始早々連続ヒット

ポイントまでは15分程度。穏やかな湾口部でボートをアンカリングする。水深は40m前後。辺りもすっかり暗くなり、ライトが煌々(こうこう)と海面を照らす。まずは鉛スッテ60g、上には4号の浮きスッテをセットした。

『メタルスッテ』でヤリ・スルメ・ケンサキのイカ御三家大爆釣【三重】4人同時ヒットも(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

すると開始早々から、釣友たちが連続ヒット。穂先がクイッと抑え込まれる繊細なアタリを次々と捉えてケンサキイカ(アカイカ)。ガツンッと派手なアタリでロッドを大きく曲げるスルメイカと、途中4人連続ヒットなどもあり船上はすでにお祭り騒ぎだ。

丸々としたスルメイカ浮上

すると、少し皆さんより出遅れていた私にも、アタリの感覚が戻ってきた。仕掛けを沈めている際にピタッと仕掛けが止まり、アワセを入れた瞬間からロッドに伝わる重量感がハンパない。

『メタルスッテ』でヤリ・スルメ・ケンサキのイカ御三家大爆釣【三重】スルメイカのダブルヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

上がってきたのは、丸々と肥えたスルメイカのダブルヒット。お次は乗船者の人たちとヒットレンジを共有し、25m付近で穂先がチョンッと動いた違和感を捉えてケンサキイカ。

冬の風物詩ヤリイカも

そして最後は「これが釣りたい!」、そんなファンも多い冬の風物詩ともいえるヤリイカ。

『メタルスッテ』でヤリ・スルメ・ケンサキのイカ御三家大爆釣【三重】ヤリイカヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

今季は水温が高く接岸が遅れていたようだが、これから非常に楽しみな状況となってきた。誘い方や釣り分けについては「メタルスッテゲーム」の超基本の記事に詳しく書いているので、そちらも参考にしてほしい。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。