船釣りルアー釣行:タイラバ&ジギング【三重県・フィッシング光栄】

5月24日の午前6時すぎ、三浦漁港に着くと港内には就航したばかりの新船が目に入ってきた。張られたばかりのメーカーのステッカーもどことなく違和感があるが、これも新船ならでは。準備をしながらカリスマ船長にこの日のプランを聞くと、「マダイは朝しか食わんからまずタイラバから」とのこと。その後、そろそろシーズンインするはずのアカイカの調査も行う予定だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはおすすめポイントでタイラバ

港を出た後、最近のイチオシポイントへ疾走するニュー光栄丸

フィッシング光栄の新船。

水深70m前後のポイントに到着すると、後部デッキの上に設置されている探見丸の子機には、濃いベイト反応が映し出された。

自慢のタイラバロッドに『桜幻/がまかつ』80gをセット。

フックは『桜幻スカートユニット/がまかつ』で、フックにはトレーラーとして『スパテラ/issei』2.5インチを刺す。

使用した桜幻のシンカーとスカートユニット。
タイラバのトレーラーはisseiスパテラ2インチ。
参考タックル図。

カリスマによれば「食い込みが早い」らしい。

船はドテラ流しにし、ベイトの上を通過するように流していくが、無風で潮止まり目前のため、船がクルクル回ってラインの方向が安定しない。

それでもベイトは広範囲にいるようで、常に探見丸の画面は真っ赤状態だ。

だが、期待に反して全く音沙汰がない。

朝の時合いにキャッチできなければ……と焦りが出てくるが、サバフグがちょっかいを出しにきたり、イトヨリが連発したりでなかなか本命らしきバイトが出ない。

カリスマ船長も必死で移動を繰り返していくが、状況は上向かない。

アカイカ調査開始

ここでいったんタイラバを中断し、そろそろシーズンのアカイカ調査に向かうことにした。

ポイントは水深20mまでの岩礁帯。

例年5月末にはこの浅場にアカイカの大群が入り込み、5号前後の鉛スッテを使ったライトなイカメタルで入れ乗りが楽しめるのだ。

日本海のマイカと同種だが、こちらは胴長15cm前後の小型が多い。

だが、その分数が出るし身が柔らかいので味も抜群だ。

魚探や新しく設置したソナーとにらめっこしながら、アカイカの反応を探すカリスマ。

だが、過去の実績ポイントをくまなく探しても、アカイカらしき反応は出ない。
まだ早かったのか……。

しばらく探索を続けたが、それらしき反応がないためアカイカは次回の楽しみに取っておくとにし、再びタイラバに戻ることにした。

再びマダイのポイントへ

85cmのナイスなブリ。

ポイントに戻ると少し風が吹きだし、船が適度なスピードで流れる。

いい感じだと思ったが、やはりマダイの反応は鈍い。

ここで僚船からジギングでマダイゲットの報。

すぐに船を走らせポイントに到着すると、僚船でブリがランディングされているのが見えた。

ここでカリスマが投じたのは、100gのタングステンジグ。

魚探にはベイトがいい感じに映し出されている。

と思った瞬間、ドスンとロッドが弓なりに曲がってヒット。

ブリか……と思ってみていると、上がってきたのは待望のマダイ。

しかも65cmの良型だ。

ジギングに変えて一発で65cmのマダイを仕留めた。

さらに続けて42cmの美形マダイを取り込む。

やはりマダイも青物も完全にベイトに着いているので、タイラバには反応が鈍かったようだ。

だがここで再びタイラバタックルを手にするカリスマ。

何が何でもタイラバで釣るつもりのようだ。

そして、ほどなく桜幻が大きく絞り込まれる。

ガンガンとティップをたたく引きは間違いなく本命だ。

無事取り込んだのは60cmジャスト、息をのむほど美しいメスのマダイだった。

タイラバで仕留めた60cmジャストの美形マダイ。

その後、撮影の合間に私もロッドを借りて参戦。

いきなりヒットしてくれたのは、85cmのナイスなブリ。

これで赤青そろいぶみとなり、大満足で終了となった。

このエリアではマダイ=タイラバの図式が確立しつつあるが、完全にベイトに着いたパターンだとこの日のような苦戦もある。

150gまでのジグは持っていた方が良さそうだ。

フィッシング光栄では、この新船で今夏からナイトゲームのイカメタル、アジングで出船予定。

もちろん日中のジギングやタイラバにも対応してくれる。

従来からある仕立船は小回りが利くため、アオリイカのキャスティングやティップランで出船していくことになりそう。

もちろん仕立船でポイントを覚え、レンタルボートで楽しむのもアリだ。

この夏は三浦沖のオフショアゲームで思う存分楽しんでいただきたい。

赤青そろいぶみの釣果。
▼この船について
フィッシング光栄
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年6月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。