【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々

三重県と愛知県から沖釣りの最新釣果情報が届いた。ブリ筆頭に青物が続々浮上。冬はカワハギも狙い目だ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:エヌテックマリン)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

愛知県:WING

愛知県・南知多町篠島のWINGでは、13日極寒で難しいパターンのなかでも釣る人は釣る!ワラサの魚影が全体的に薄かったようで、アタリ自体が少なかったが、サワラが船中4匹、ワラサ1匹、ヒラメ1匹だった。バラシやカッターもあり。日ムラが激しい伊勢湾だが、青物&サワラはまだまだ健在だ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々青物快釣(提供:WING)
▼この釣り船について
WING
出船場所:大井漁港

愛知県:BLUE DRAGON

愛知県・南知多町にある片名漁港から出船しているBLUE DRAGON(ブルードラゴン)では1月10日、ジギングでワラサのほか、メタボ交じりでサワラ多数をキャッチ。また、6日はブリやサワラのほか、ワラサ多数とホウボウのお土産も上がって盛り上がった。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々サワラも登場(提供:BLUE DRAGON)
▼この釣り船について
BLUE DRAGON
出船場所:片名漁港

愛知県:まとばや丸

愛知県・南知多町師崎港出船のまとばや丸のルアージギングコースでは1月12日、8.5kgの極太ブリやメタボなサワラのほか、ワラサもキャッチされた。また、10日も好調で、ブリ、サワラ、ワラサとレギュラー陣がロッドを曲げ、船上を盛り上げた。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々極太ブリ(提供:まとばや丸)
▼この釣り船について
まとばや丸
出船場所:師崎港

愛知県:みやけ丸

愛知県・南知多町片名漁港のみやけ丸では12日、青物の活性はまずまずで4馬力ながら全員安打。ワラサはもちろんブリも出て、これにサワラやシーバスも交じった。難しい日も多いが、タイミングが合えば1人でマルチ安打も有望だ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々全員安打(提供:みやけ丸)
▼この釣り船について
みやけ丸
出船場所:片名漁港

愛知県:海正丸

愛知県・南知多町にある大井漁港から出船している海正丸では1月10日、ジギングでブリがたびたびキャッチされ、ワラサ多数、太ったサワラもゲット。また、7日はメタボなトロサワラやブリのほか、60cm超の良型を含めマダイも交じった。好調が続く伊良湖沖では、一回の釣行で、ブリ、サワラ、マダイと定番の顔をそろえることができるかも。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々良型マダイ手中(提供:海正丸)
▼この釣り船について
海正丸
出船場所:大井漁港

愛知県:大進丸

愛知県・南知多町豊浜漁港出船の大進丸では、人気沸騰中のビンナガ(ビンチョウマグロ)を狙ったトンボジギングコースが、1月23日から出船をスタートする。

大進丸は、装備が整った安心の大型船。本コースの舵を握るのは、公私ともにジギングを愛する竹内裕太船長。昨春のトンボジギングや、近海ジギングで実績を上げていて、アドバイスも聞ける頼れる存在だ。なお、トンボジギングコースの料金は、乗合一人1万6千円。出船、帰港時間などの詳細は、同船まで問い合わせを。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々マグロも狙える(提供:大進丸)
▼この釣り船について
大進丸

愛知県:祐英丸

愛知県・南知多町片名漁港の祐英丸では、13日寒さ厳しいなかチャーターで出船。この日は魚はいるものの、なかなか口を使ってくれない状況だったが、それでも船中でブリが2匹、サワラが2匹、ワラサ1匹が上がった。まだまだ健在の伊勢湾の青物、日ムラが大きいが、もうしばらくは狙えそうだ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々青物ゲット(提供:祐英丸)
▼この釣り船について:祐英丸
【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々

愛知県:隆盛丸

愛知県蒲郡市西浦漁港の隆盛丸では、13日ブリにデカサワラが高活性。ヒットに持ち込むには難しい日だったが、そこは手練れの常連さん、極太サワラが船中6匹、ブリは3匹。ほかにワラサ、トラフグも。ホウボウは船中13匹が上がった。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々デカサワラ浮上(提供:隆盛丸)
▼この釣り船について:隆盛丸
【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々

三重県:フィッシング光栄

三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄では、10日ナイト便で出船。この日はイカメタルでのツツイカ狙い。アカイカとスルメイカが中心だったが、冬の使者ヤリイカも登場。まだまだヤリイカの数は少ないが、水温が下がってくれば増えてくるだろう。ナイト便はアジもイカも狙いめだ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々ナイト便はアジもイカも狙いめ(提供:フィッシング光栄)
▼この釣船について
フィッシング光栄

三重県:光栄丸

三重県・南伊勢町礫浦の光栄丸では、11日スーパーライトジギングで出船。寒さと速い潮で苦戦の一日となったが、見事に良型ヒラメをゲット。他にスマガツオやオオモンハタ、アオハタなども交じった。渋い日もあるが、五ケ所湾沖は冬でも十分楽しめそうだ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々良型ヒラメゲット(提供:光栄丸)
▼この釣り船について
光栄丸
出船場所:礫浦港

三重県:エヌテックマリン

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリンでは、半夜便でのツツイカゲームが開幕。良型のスルメイカとアカイカがまずまずの乗りを見せている。期待のヤリイカは高水温で期待薄だが、今後水温が下がってくればパラソル級が姿を見せてくれるだろう。ほかにアオリイカはビッグサイズが有望。2kgアップが出現中で、同時に良型のカワハギも順調に釣れている。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 カワハギにブリにサワラと冬の旬が続々(提供:エヌテックマリン)
▼この釣り船について
エヌテックマリン

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年1月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。