投げ釣り釣行:シロギス求めて釣り場めぐり【静岡県・清水エリア】

投げ釣り釣行:シロギス求めて釣り場めぐり【静岡県・清水エリア】

5月の初旬、いつも通り友人とプチ遠征釣行を計画した。お互い空いている5月3日(木)を第一候補と考えていると、直前の天気予報では雨。風も強く、翌日に延期。4日(金)は朝から晴天の予報、のんびりやれると意気込んでいたが……

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

強風で沼津から清水へ移動

3時に集合し、静岡の沼津周辺を目指して箱根を越える。

芦ノ湖を過ぎて三島へ下ると、思いのほか風が強い。

しかも、沼津では避けられない南西風。

ポイントに決めていた島郷海岸は思いきり向い風で釣り不能。

そこで友人と協議して、まだ時間があるので、とりあえず西へ走り、風が避けられる清水の三保半島まで行ってみる。

途中、サービスエリアで休憩をはさみながら、三保真崎海岸へ到着したのが6時過ぎ。

連休真っ最中なので、駐車場を心配していたが、どうにか車は置けて、第一関門はクリアできた。

時間を追うごとに風が強くなってくると予想されるので、急いで釣りの準備を始める。

タックルは、竿が振り出し30号、35mmストロークの投げ専用リールにミチイトPEライン0.8号、天ビンはL型固定で、ハリ6号の5本バリ。

投げ釣り釣行:シロギス求めて釣り場めぐり【静岡県・清水エリア】当日のタックル。

エサは、東京スナメとジャリメを用意した。

この場所は、大きなカケアガリが1色付近にあり、その手前と先で水深がだいぶ違っている。

春のポイントは、カケアガリの先2色付近で、釣れる魚はメゴチとベラ主体。
そこにキスとサビハゼなどが交じる五目釣り。

よって、キスだけを選んで釣ることは難しく、数を釣るにはゲストごと釣ってしまうのが得策。

第1投を3色に投入、着底するとすぐに複数のアタリがあり、巻き上げるとキス、ハゼ、ハオコゼの3点掛け。

とりあえずキスが釣れたのでホッとする。

2投目もすぐにアタってキスとベラのダブル。

しかし、3投目からは、釣れあがる魚がすべて他魚になってしまう。

釣り座を少しずつ湾奥へ移動してみたが、フグやメゴチしか釣れない。

そのうち、だんだんと向かい風が強くなって釣りづらくなる。

ここまでの釣果は、私が2尾で友人はゼロ。

時計を見ると、まだ8時なので相談の上、清水のいろいろな釣り場を回ってみることにした。

三保飛行場下から釣り場を巡る

投げ釣り釣行:シロギス求めて釣り場めぐり【静岡県・清水エリア】清水港のポイント。

向かったのは、風が避けられる三保飛行場下

ここでは3投してフグが数尾。

ハリスが数本なくなったので、すぐに移動。

三保半島の表浜で、唯一風が避けられる清水第五中学校下。

ここは、青物狙いのルアーマンが固まっていて、雰囲気はすごく釣れそうだったが、2投すると仕掛けのハリ10本がすべてなくなったのですぐにパスして次へ。

こうなると、残るは清水港内で、風を背負える場所か、風の影響が少ない車を横着けできるところしかないと思い、道なりに車を走らせて、近い場所からのぞきながら決めようということになった。

まずはもっとも近い、巴川河口の鉄道岸

大型船が係留されていて、釣りはNG。

次は、とっておきの場所でJオイルミルズ岸壁

ここは、エスパルスドリームプラザの対岸に位置し、SOLAS条約後の清水港では、数少ない釣りができる岸壁となっている。

投げ釣り釣行:シロギス求めて釣り場めぐり【静岡県・清水エリア】ロケーションも悪くない。

風は正面からだが、車を横着けできるので、いざとなれば、すぐ車内に避難できる。

さすがに釣り座は十分に空いていたので、ひとまずダメ元で竿を出してみた。

時刻は11時近くなり、恐らくここが最後の場所となるだろう。

Jオイルミルズ岸壁でシロギス連発!

ポイントは中央の船道より対岸方向で、底にはロープやゴミなどいろいろな障害物が沈んでいる。

あまり積極的にサビくと根がかりがひん発する。

よって、待ち釣りを中心に組み立てたほうがいい。

二人とも、あまりやる気が起きず無言のままタックルをセット、ポイントに投げ込んでみる。

とにかく風が強いので、アタリが分からず、仕掛けを移動したときの感触で、魚が掛かっているかどうか判断するしかない。

2回目の移動で何か違和感を感じたので巻き上げてみると、何だか重たいような気がする。

チカライトの結び目が水面に現れると、天ビンの後ろにボワーっと白い魚体が浮いてきた。

キスだ!それもかなりの良型。

落とさないよう慎重に抜き上げてみると、20cm近くある2点掛け。

これを見ていた友人が巻き上げにかかると、何だか慎重になっている。

上がってきたのはこれもシロギスのダブル。

投げ釣り釣行:シロギス求めて釣り場めぐり【静岡県・清水エリア】前半の不調どこへやら、ヒット連発。

まさか釣れるとは思ってなかったので、顔を見合わせ大爆笑となった。

シロギスがたまっているようで、次の投入でも一荷で釣れ、彼はなんと3点掛け。

待ち釣り主体なので、投入回数が増えず、数はあまり伸びないが、その後も投入ごとにほぼ空振りなし。

13時の納竿までに、それぞれ10尾オーバーの釣果を上げることができた。

型もよく、20cm近いサイズがほぼ半分を占めた。

初めの不調がウソのような釣果に恵まれ、近年の大型連休釣行では、一番の釣果になり、釣り場の重要性をあらためて感じた。

<週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
清水港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。