伝統の高道具使って大釣り アジ、サバ、ハマチが乱舞【加太・藤原丸】

伝統の高道具使って大釣り アジ、サバ、ハマチが乱舞【加太・藤原丸】

12月20日(日)、いつもの加太・藤原丸へ釣行してきた。本命のマダイは不発に終わったが、良型アジにサバ、ハマチと多数釣れたのでリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・大橋俊夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

高道具にエサはイソメ

当日は兄の明船長の船。出船は6時過ぎで、真っ暗闇の中の出船となった。朝方は若干波があったものの、やがてベタなぎとなって晴れて暖かくなり、絶好の釣り日和となった。

出船後30分ほどでポイントに到着、今日の仕掛けは10m強の高道具、7本バリだ。早速オモリから順番に下ろしながらハリにエサのアオイソメを付けて、底まで一気に落とす。

アジ42cmが登場

着底後、オモリで底をトントンたたきながら誘うと、早速アジ特有のググッとしたアタリ。少し待ってハリ掛りを確認し、急にグィ~ンと一気に引き込むアタリがくれば引きを楽しみながらゆっくりと巻き上げ開始。テンションを保ちながら水面まで浮かしてタモですくってもらう。

この一連の作業をゆっくり確実に行えばバラシもほぼなく、確実に取り込むことができる。アジはハリを飲み込んでいれば問題ないが、切れやすい口スレスレにハリ掛かりしていることも多いので、水面に浮かせたら必ずタモでアシストしてもらいたい。ここで42cmの良型アジをゲット!

伝統の高道具使って大釣り アジ、サバ、ハマチが乱舞【加太・藤原丸】良型アジをゲット(提供・WEBライター・大橋俊夫)

大きなアタリはサバとハマチ

時折、アジとは異なる最初からグングンッと大きなアタリを出すのがサバとハマチだ。この日も日が昇ってからギジエに変更すると、底や底から巻上げて誘うと即、ハマチやサバがヒットすることが多かった。このアタリがくると、とにかく一気に巻上げなければ周りとオマツリしてしまう。サバもハマチもハリ掛かりしていれば外れることも少ないので、半ば強引に巻き上げることが肝要だ。

ギジエは「4~6mほど巻き上げて」と明船長の指示で誘うと、ハマチのダブルヒットも拝めてとにかく重量感たっぷりの引きを堪能できた。

最後はコマサキでアジ連発

納竿1時間前の11時ごろからラストポイントであるコマサキ周辺に移動。ここからヒットが連発してアジ中心にラストまで入れ食い状態であった。終盤は明船長からの「下3本バリはイソメに変更して」の効果で、アジを量産できた。

最終釣果

終わってみればアジ13匹、ハマチ5匹、サバ3匹、チャリコ1匹の計22匹と大満足の爆釣劇となった!目玉であるマダイは釣れなかったが、加太のアジ・サバは絶品で、この釣果も私はいつも楽しみにしている。

伝統の高道具使って大釣り アジ、サバ、ハマチが乱舞【加太・藤原丸】当日の釣果(提供:WEBライター・大橋俊夫)

今冬、マダイは少し食いが悪いとの明船長談であったが、今後またいい日もあるとのことであり、来年の釣果に期待したいと思う。アジは塩焼きとなめろう、ハマチは塩焼き、サバはしめサバにして美味を堪能した。

<大橋俊夫/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について
藤原丸

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。