ショウサイフグ釣行:短時間で沖合がりも竿頭【千葉県外房・飯岡港】

5月20日(日)、外房飯岡港の隆正丸からショウサイフグ釣りに行きました。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

外房の飯岡港から出船

今回は仕立船で5時30分出船。

この日は予報が悪く、出船するかギリギリまでわからない状態でしたがなんとか出船。

ポイントまでは約1時間。

水深は15m前後からスタート。

タックルはロッドが『ライトゲームXVMH-180/DAIWA]』、リールは『バルケッタ300HG/SHIMANO』。

ミチイトは『小船マスターPE LS4/VARIVAS』1.5号、リーダーは『ハードトップ船ハリス/VARIVAS』6号1m。

今回のタックル図。

オモリ25号のダブルカットウ仕掛けにエサのアオヤギを4個付けます。

着底したら、ゆっくり3秒数えて空アワセ。

そこからゆっくり頭の上まで竿先を上げ、ゆっくり底まで下げる。

そこでアタリを待ちます。

するとツンツンとアタリ。

すかさずアワせますが、思うように掛かりません。

風が強いうえに潮が速いので、アタリがわかりにくいです。

そこで、シグナルがきたらいつもより大きく引きずるようにアワせてみる作戦。

すると、着底後すぐにフグからのコール。

潮の流れに逆らうように大アワセ。

開始15分で1尾目ゲット。

最初のポイントでもみんな好調でした。

少し移動して再開。

着底してすぐアタリがあるので、エサを多めに付けました。

風はどんどん強くなっていきます。

竿先を見てもアタリが分からないので、ゆっくり誘って、着底したら5秒に1回空アワセ。

しばらくして、やっと掛かった?。

なんとか2尾目をキャッチ。

友達と一緒にダブルヒット!

同じ誘い方をしていると、ゴツゴツッと、今度は明らかなアタリ。

シュッと思いきり、竿を立てるとヒット。

重量感ある引きです。

隣を見ると、ふぐ初挑戦の友達も同時ヒット。

初挑戦の友人も本命ゲット!

ゴリゴリ巻いてくると、大きい本命ショウサイフグ。

測ってみると40cm超え。

しかし、ここで船長から「風が強くなり、危険なのできょうはここまでで終わりにします。」とアナウンス。

残念だけど安全第一。

1時間半ほどで沖上がりとなりました。

帰港後、女将に釣果を伝えると「竿頭だよ。おめでとう」とほめてもらいました。

短時間だったからこそですが、嬉しかったです。

今日のようなペースで釣れたら、30尾超えも夢じゃないかも。

帰港後はみんなでゴハン。

初めての外房フグ終えて

東京湾の湾フグに比べると、エサを引っ張られてる感じがあってアタリが取りやすかったように思います。

エサのベロは残っていても、肝の部分は数秒でなくなっていることがあったので、こまめにチェック。

つねにフグの興味を引きつける状態にしておくことが釣果を伸ばすポイントだと感じました。

次は大釣り目指してまたチャレンジしたいです。

釣ったショウサイフグは船宿さんがさばいてくれます。

<杉田千紘/TSURINEWS編>

▼この船について
隆正丸
エリア:外房エリア
出船港:飯岡港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。