ムギ&スルメイカ船釣り攻略!種類別イカの特徴も【イラスト付き解説】

ムギイカ・マルイカが各地で好調。今回はイカ釣りのタックルと釣り方をご紹介していく。他にも釣り場の情報とイカの種類も載せておいた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

タックル

【竿】

マルイカ専用は各メーカーから発売されているが、ムギイカ専用はなかなか見ない。

現在はマルとムギが混在しているので、マルイカ用で対応するか、オモリ負荷30~50号程度8対2の先調子タイプのものを使用。

長さは1.5~1.8mが扱いやすい。

ただし、オモリ120号の場合、竿はオモリ負荷80号程度になる。

タックル例。

【リール】

電動リールを使用。

ミチイトはPE3~4号300m。

ライトタックル(LT)で軽いオモリを使用して狙う場合は、PEは1号前後。

【ツノ(仕掛け)】

ムギイカメーンなら11cmプラヅノの直結またはブランコ仕掛け。

マルイカ兼用なら5~7cmのスッテを使った直結、直ブラ、ブランコ仕掛け。

入門者は市販の仕掛けがお勧め。

ベテランほどツノ数は多くなるが、初めは5~7本がトラブルが少ない。

オモリは60号基本に状況で50~120号を用意。

LTなら40号程度。

イカの大きさに合わせプラヅノは14cmになる。

過渡期なので、水深が変わりやすく、オモリの号数も、事前に船宿に確認しておこう。

釣り方

ブランコ、直結で違いはあるが、いずれのイカも投入は素早く行うことが第一。

イカは、最初に目にしたツノに反応する傾向があり、投入は細心の注意を払い、遅れないようにしたい。

【ブランコ仕掛け】

投入器にツノを入れて、合図と同時にオモリを投げ入れる。

オモリが着水したら竿を小脇に抱え、サオ先を下げて持ち、ミチイトがスムーズに出ていくようアシスト。

ムギ・スルメイカの場合、反応が底から中層まで浮いていることが多く、タナは上限と下限の指示をされる。

まずは、下限まで落とし、そこから誘い上げる。

誘い方は、竿先を海面近くから一気に水平か頭上までシャクる。

または、数回に分けて段を付けながらシャクる方法がある。

いずれも強めに竿をあおり、その後、必ずポーズ(静止)を入れるのが基本。

その間に乗りがなければ、再び下限から同じ動作を繰り返す。

このとき、単に落とし込むのではなく。

リールをサミングして所どころでポーズを取って落とし込むと、これが誘いになり、乗ることがある。

乗った感触は強弱の違いはあるが、いずれのタイミングでも明確に伝わる場合が多い。

すかさず追い乗りを狙い、頃合いをみて巻き上げよう。

電動リールのスピードは中速にして、サオは水平以上の角度をキープ。

竿を上下させるポンピングはバラシの原因になるためNG。

身がやわらかいマルイカ主体の場合、巻き上げは低速。

取り込みは電動リールが止まる直前に竿をロッドキーパーにかけ、停止と同時にミチイトを引き寄せる。

このあと仕掛け回収になるが、投入器のマットなどに取り付けながら、絡ませないよう、たるませないよう注意して素早く船内へ取り込もう。

※サバが回っているときは、かなりの確率でツノを飲まれてしまう。

【直結仕掛け】

指示ダナまで落とし込むまではブランコ仕掛けと同じだが、誘い方は人それぞれ。

ブランコ同様、下限~上限までアクションをつけて誘う人。

もしくは、タナでビタ止めし、竿の上下だけで狙う人とさまざま。

いずれも仕掛けがたわむような演出をすることが大切。

その動きによりツノが躍るようにアピールできればイカは興味を示すはず。

マルイカ主体の場合、タナは底メーンで誘いはソフトに。

近年はオモリを底に着け、仕掛けを張らず、緩めずのゼロテンションと呼ばれる誘い方が主流。

直結は仕掛けがシンプルなぶん、トラブルが少なく、ツノの数を増やして広いタナを狙うことができるが、仕掛けに遊びがないので、巻き上げ~取り込み時のバラシが多い。

どちらかといえば、ベテラン向き。

しかし、多点掛けした際のダイナミックな手応えはこの釣りのだいご味だ。

各地の釣況

今の時期は爆釣の可能性が高いぞ。

西伊豆の戸田沖では半夜便でタナ20~30mを狙い、スソ1ケタ~トップ40、50尾前後。

束超えの日もあった。

オモリ60~100号、仕掛けはウキスッテ直結または直ブラ。

ブランコやプラヅノでも狙えるが釣果に差。

東京湾では、金沢八景の一之瀬丸が、5月15日剣崎~富浦沖で20~30尾、5月16日富浦沖で1~23尾。

風で早上がり。

オモリ80~150号、仕掛けはプラヅノ11~14cm。

直結有利だが、マルイカ多いときは5cm前後のスッテ直結または直ブラでも。

浦安の吉野屋では、富浦沖水深70mを狙い、13日12~28cm1~45尾。

オモリ120号、プラヅノ11~14cm。

LTタックルもOK。

このほか、内房勝山港の利八丸がマルイカメーンで出船開始。

今後、スルメは南房エリアに南下していくはず。

釣れるイカの種類

【ムギイカ】

ムギイカ。トップのアイキャッチ画像はマルイカの写真だ。

スルメイカの幼魚。

初夏、麦が穂をつけるころに釣れることから、この名がついた。

釣り人の間でニセイカと呼ばれるのは、ムギとスルメの中間サイズ。

地方によってマイカという。

身は茶褐色で、マルイカに比べると細長い。

縦に黒い帯がある。

【マルイカ(ケンサキイカ)】

早春から夏までが主な釣期。

水深100m付近から夏に向けて少しずつ浅場へと移動。

後半には水深10前後の浅場まで入ってくる。

駿河湾のジンドウイカ、三崎のメトイカも同じイカを指す。

身は透き通っていて、体型は丸みをおびている。

長い2本の触腕がある。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年5月25日号に掲載された記事を再編集したものになります