河口メッキゲームで本命20尾 ゲストにはヒラセイゴ【大分・番匠川】

河口メッキゲームで本命20尾 ゲストにはヒラセイゴ【大分・番匠川】

11月18日、大潮。大分県佐伯市の番匠川河口へ、メッキ釣りに行った。今年はメッキが釣れずに経過していたが、大分県南で少し釣れているという情報を聞き、玉砕覚悟での挑戦だ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

番匠川河口でメッキ狙い

午前6時に今回のポイント・番匠川の河口に到着。

当日は満潮が9時30分ごろであり、まだ潮位は低かった。6時10分から釣りを開始する。辺りは薄暗いので、ルアーはゼブラグローから使用。ルアーにライトを当てて、光が強く出るようにした。

河口メッキゲームで本命20尾 ゲストにはヒラセイゴ【大分・番匠川】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

早速コツンとヒットするが、軽い引き。途中でエラ洗いするが、バラさずに釣り上げることができた。20cm足らずのヒラセイゴで、大きくなってから再会することを約束し、リリースした。ヒラセイゴの時合いだったようで、3連続ヒットしたものの、20cm前後と小型であったため、すべてリリースした。

15cm級本命メッキ手中

明るくなり、ルアーをライブイワシに替えてみると、メッキらしき魚が追ってくるのが見えた。ドキドキしながら似たような所に投げると、コツーンとヒット。ドラグも出ない軽い引きであったが、15cm級のメッキを釣り上げた。

久々に会えたので、うれしかった。その後は1~3投に1尾のペースで釣れたが、7尾釣った時点から急に釣れなくなり、その代わりに20cm級のマサバが連続ヒットし始めた。

9時すぎ、満ち潮の影響により塩分濃度が上昇していると考え、濃度が低いと思われる上流へ場所を移動した。11時すぎまでは、ほとんどマサバしか釣れない展開だったが、突然メッキが釣れ始めた。やはり重量感のある引きはたまらない!

20cm級が連発

正午ごろになると、群れに当たったのか時合いなのかは分からないが、1~3投ごとにメッキがヒットするようになった。型は20cm足らずが多かったものの、23cmほどになると引きも楽しめた。やはりガツーンと勢いのある引きは面白い。

気が付くと午後1時前になっていた。最後に1尾釣ろうと数投し、20cm級のメッキを追加。1時に納竿とした。釣果はメッキ15~23cm20尾、ヒラセイゴ20cm級7尾、マサバ20cm級30尾超。型が小さいため、すべてリリースしたが、数釣りが楽しめた釣行であった。

<週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
番匠川
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。