ティップランエギングで1.9kgデカアオリ堂々浮上【佐賀・Wingar】

ティップランエギングで1.9kgデカアオリ堂々浮上【佐賀・Wingar】

佐賀県唐津西港から出船のWingarを利用して、呼子沖ティップラン・エギングの釣行レポート。昨年の今ごろは普通に数釣りが楽しめていたが、釣果はいかに。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでエギング

11月12日、佐賀県唐津西港から出船のWingarを利用して、呼子沖ティップラン・エギング。当日は中潮、午前6時30分出船だ。船長によると、ここ2週間ほどは非常に厳しい状況ということだった。

ティップランエギングで1.9kgデカアオリ堂々浮上【佐賀・Wingar】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

1.9kgデカアオリ出現

30分ほどで釣り場到着。実績のあるポイントを流していくが、アタらない。エギのサイズやカラーを小まめにチェンジ。シャクリのスピードもさまざま試してみた。

大型実績のあるポイントに入ったが、やはり沈黙が続く。同船の人たちも集中力が欠けてきた。

そんな時、鳥飼さんのドラグ音が船中に鳴り響いた。青物かと思わせる走り、ファーストランが終わり、ロッドティップを見ていると、グングンと曲がっている。間違いなくアオリイカだ。

海中から姿を見せたのはデカい、1.5kgはありそうだ。計量すると1.9kg。やはりいる。

ティップランエギングで1.9kgデカアオリ堂々浮上【佐賀・Wingar】大型を手中の鳥飼さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

筆者にもレギュラーサイズ

だが、再度流し直してもアタらない。単発の拾い釣りが最近の傾向だそうだ。

ラスト1時間に入ったポイントで、私もやっとレギュラーサイズをキャッチ。

事前情報通り、厳しい結果となってしまった。次回は打開策を考えて挑みたいと思う。

ティップランエギングで1.9kgデカアオリ堂々浮上【佐賀・Wingar】筆者もレギュラーサイズをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川 徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。