数字で見る釣り船「衝突事故」発生状況 8割以上が航行中に発生?

数字で見る釣り船「衝突事故」発生状況 8割以上が航行中に発生?

11月28日、遊漁船「第5不動丸」と貨物船「はやと」が衝突し、第5不動丸の乗客乗員12人が投げ出され、乗客1人が亡くなる事故が発生。これを機に遊漁船の衝突事故について調べてみました。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

衝突事故の概要

11月28日午前5時25分ごろ、茨城県の鹿島港の港口付近で、広島市の貨物船「はやと」(498t)と鹿嶋市の遊漁船「第5不動丸」(4.95t)が衝突、第5不動丸の乗客乗員12人が投げ出され、乗客1人が亡くなりました。

30日には、鹿島海上保安署による陸上に引き上げられた第5不動丸の実況見分があり、捜査員は右舷側が大きく壊れている第5不動丸の船体の写真を撮り、損傷部分の大きさを測るなどして詳しく調べました。両船の事故後の状態から、はやとの先端と第5不動丸の右舷が衝突した可能性があるとの見解です。

貨物船との衝突事故は全体の6.8%

今回の事故を機に、過去の遊漁船の事故について調べてみました。資料(~事故等調査事例の紹介と分析~運輸安全委員会ダイジェスト第29号)によると、平成20年10月から平成30年の3月までに起きた遊漁船の衝突事故は「176件」で、遊漁船から見た事故の相手船はプレジャーボートが一番多く87、次いで漁船49、遊漁船が14、貨物船12、その他14という内訳だったそうです。

数字で見る釣り船「衝突事故」発生状況 8割以上が航行中に発生?相手船の船舶種類別隻数(運輸安全委員会ダイジェスト第29号より)

半数以上は死傷者あり

次に衝突に伴う死傷者の状況を見てみると、176件中93件の事故で195人の方が死傷しています。そのうち、遊漁船側では98人の方が死傷し、「82人」が釣り客だったというデータが出ています。また、プレジャーボートとの衝突ではプレジャーボート側に、漁船との衝突では遊漁船側に多くの死傷者が発生しています。

8割以上が航行中の事故

遊漁船の衝突事故176件を、遊漁船と相手船の航行状態で整理すると、航行中の遊漁船の衝突事故は144件(81.8%)、このうち漂泊または錨泊中の船舶との衝突事故は109件(75.7%)で、遊漁船の衝突事故全体で 61.9%を占めています。

数字で見る釣り船「衝突事故」発生状況 8割以上が航行中に発生?衝突時の双方の航行状態別件数(運輸安全委員会ダイジェスト第29号より)

また、176件の事故に関係した遊漁船190隻が「事故に至る前に相手船に気付いていたか否か」を航行状態毎に整理したところ、航行中だった遊漁船145隻では120隻が、漂泊又は錨泊中の遊漁船では45隻中16隻が相手船に気付かないまま衝突しています。

いかがでしたか?ほかの船舶が異常に近づいてくるのに気づいたら、それは船長も気づいていない船かもしれません。そんな船を発見したら、ためらわず船長に声をかけるようにしたいですね。

<TSURINEWS編集部>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。