オフショアジギングでアコウ&マダイなど多彩釣果【JOYFISHER】

オフショアジギングでアコウ&マダイなど多彩釣果【JOYFISHER】

11月11日、鳥取県境港市にあるJOYFISHERでジギング釣行。玄人だけでなく、レンタルタックルやトイレも完備されているので、初心者や女性も安心して釣りが楽しめる。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

JOYFISHERでジギング

11月11日、鳥取県境港市にあるJOYFISHERでジギング釣行。午前7時に事務所に集合し、乗船名簿を記載。すぐ近くのマリーナからボートに乗り込み出港。キスの投げ釣りで有名な弓ヶ浜の前に広がる美保湾。ここが今回の主戦場だ。美保湾は遠浅で、底質は基本的には砂地。船長が豊富な経験と実績を下に、所々に点在する岩礁や沈瀬を狙って船を流してくれる。ドテラ流しでのジギングを行う。

オフショアジギングでアコウ&マダイなど多彩釣果【JOYFISHER】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

ドテラ流しとは、風と潮に任せて船を流す方法で、片舷に集まり釣りをする。風と潮の影響で船が動いていくので、ポイントを移動しながら広範囲を探ることができる。また、釣り人全員が同じ方向を向いて釣りをするので、釣座による釣果の差がでにくく、民主的な釣りである。

ルアーは最初に落とした地点よりも船から遠ざかるので、斜めにジギングをするイメージだ。あまりにもルアーが遠ざかり、ラインが出すぎたなら、いったん回収して落とし直そう。

アコウなど根魚が連発

最初のポイントは水深30m。タックルは、ジギングロッドにPEライン1.5号を巻いた中型スピニングリールを装備。リーダーはフロロカーボンライン8号を1ヒロ半、FGノットで結んだ。ルアーは愛用のライトステップジグ夜光(グローシルバー)60g。

着底後、数回シャクるとヒット。ファーストフィッシュは35cmほどのアコウ。周りはマダイ、アオハタ(アオナ)、ホウボウがタイラバで釣れている。砂地と根に潜む魚が一定の間隔で釣れるので面白い。

オフショアジギングでアコウ&マダイなど多彩釣果【JOYFISHER】高級魚アコウをゲット(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

アコウ、カサゴ(アラカブ)、アオハタと好調に釣果を伸ばしていたが、シャクっていたジグのテンションが突然なくなった。回収すると、リーダーが刃物で切ったようにスパッと切られていた。

船長の話では、犯人はサワラ。周りがタイラバで釣果を伸ばしているので、ジグからタイラバに交代しようとしていた矢先の出来事だった。迷った揚げ句、果敢にもジグを続投してサワラを狙うが、これがいけなかった……。さらにジグをロスト。後日のリベンジを誓う。

良型イトヨリ&青物も

午後になると風と波が収まってきたので、水深65mほどのポイントに移動。ジグをファルケンRフラットエッジ(パープルピンクグロー)80g・100gに変更。底から15mを意識して誘うとヒット。根魚とは違い、最後まで粘り強い引き。良型のイトヨリダイだ。

オフショアジギングでアコウ&マダイなど多彩釣果【JOYFISHER】イトヨリダイ手中(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

周りもアマダイ、アコウ、アオハタが釣れており、どれも良型ばかりだ。最後は小型カンパチが3連続。一応、青物も釣れた。クーラーはいろんな魚でいっぱいとなり、大満足で午後3時に納竿した。

<週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
JOYFISHER
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。