泳がせ釣りで良型『マハタ』乱舞 2kg級頭に6尾手中【千葉・春日丸】

泳がせ釣りで良型『マハタ』乱舞 2kg級頭に6尾手中【千葉・春日丸】

千葉・外房大原のヒラメ狙いでマハタが釣れだしたと聞き、11月11日(水)、同港の春日丸のマハタ・ヒラメ乗合船で釣行した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春日丸でマハタ狙い

4時前に春日丸の船長と女将が港に到着。乗客は私を含めて3人と大名釣りで、右舷に並んで座った。トモに小出さん、胴の間に梅澤さん、私がミヨシ。

中井徹・船長の操船で、まだ真っ暗な4時25分に出船。港を出てすぐは穏やかだったが、北風が強く吹き付けて次第に横揺れが激しくなる。1時間ほど走ったところで「着きましたから支度して下さい」のアナウンス。東の空に明るさはあるもののまだ真っ暗で、波が高い。

5時30分。「はい、いいですよ、やってみましょう。水深25mです。ちょっと根がありますから気を付けて下さい」と開始のアナウンス。

マハタの釣り方&タックル

イワシの鼻の硬い部分に親バリを刺し、背びれの後ろに孫バリを掛けて投入。着底したらすぐ50cmほどタナを切り、ひん繁に底を取り直して根掛かりを回避しようとするが、波があるのでオモリは時々海底をたたく。根はかなり荒く、2mくらい上下するので、根掛りしてしまうことがある。

7、8分をめどに巻き上げて落し直しながら探るが、最初の流しではアタリがでずに、流し直し。

泳がせ釣りで良型『マハタ』乱舞 2kg級頭に6尾手中【千葉・春日丸】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

同船者に1.5㎏マハタ

6時ごろ、ゴツゴツのアタリ。波にあおられながら、じっと待つが食い込まない。上げてみるとイワシの頭に丸くかじった痕があった。

日は出たが寒い。根掛かりを見かねた船長から「少し上げた方がいいですよ」のアドバイスをもらい、1mほど底を切ることにする。隣の梅澤さんに1.5kgクラスのマハタ。

泳がせ釣りで良型『マハタ』乱舞 2kg級頭に6尾手中【千葉・春日丸】梅澤さんは本命をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

タナを上げたのが正解

それを見ていた私の竿先がいきなりギューンと曲がった。「根掛りかな」と竿を持つと、ゴンゴンと激しく引き込んだ。巻き上げにかかるが、何度も手が止まるほど暴れる。

何とか浮かせて海面に姿を現したのは2kgクラスのマハタだった。

泳がせ釣りで良型『マハタ』乱舞 2kg級頭に6尾手中【千葉・春日丸】筆者は釣果に満足(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

8時前、「また根掛りかな」と思い、ゆっくり竿を立てると、グググッと乗って1kg超えの同魚。そこで大きく移動になった。

ベイトはイセエビ

9時すぎ、小出さんが1.5kgクラスの同魚を仕留める。続いて私と梅澤さんにも同じ魚がヒットして順調に数が伸びる。

10時すぎに移動。ここも起伏が激しく、ひん繁に底を取り直しながら攻めていく。水深15mくらいまで浅くなった辺りで竿先がグイグイグイと締めこまれ、そのままフッキング。巻き上げにかかるが重い。ゴンゴン途中で大きく引込まれながら上がってきたのは2kg弱のマハタで4尾目。大釣りだ。

同じ魚が順調に顔を出し、「イセエビを食っている」と船長。上がってきたマハタの口からアンテナが飛び出ていた。

泳がせ釣りで良型『マハタ』乱舞 2kg級頭に6尾手中【千葉・春日丸】イセエビを丸飲み(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。