ボートタイラバ&タイジグゲームで80cm頭に良型マダイ顔出し【熊本】

ボートタイラバ&タイジグゲームで80cm頭に良型マダイ顔出し【熊本】

10月21日、釣友と一緒に熊本・天草へボートタイラバ釣行。まさかの80cmオーバーの大ダイとの出会えたメモリアルな一日に!

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

天草沖でタイラバゲーム

10月21日、熊本・天草沖でボートタイラバ釣行。午前5時30分に船着き場に着き、3人で出船。遊漁船ではない完全プライベート船なので気軽ではある。船を走らせ30分、釣友いわく、ナブラが高確率で起きるポイントに到着だが、前日から吹き荒れている北風でウネリが残りナブラのナの字もなく、アタリもないまま1時間探るも反応なし。

次のポイントは長崎に近い場所で風裏になるのかウネリはない。だが、潮は上しか流れておらず下潮はスッカスカ…。

ボートタイラバ&タイジグゲームで80cm頭に良型マダイ顔出し【熊本】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

「タイラバ重すぎだな」ベイトロッドからスピニングロッドに替え、タイラバを40gまで一気に落とし、10mキャストして斜めに引いて来ると「ゴッゴッゴ…!」「やっと来たよ、チャリコ(小ダイ)やけど…」。上がってきたのは20cmちょいのチャリコ。それもハリが口に掛かってない。「相当やる気がないな」。

速巻きで50cmマダイ

同じやり方で同サイズのチャリコとカサゴ(アラカブ)をキャッチできたが「マダイ」といわれるサイズや青物はまだ。移動して同じやり方で釣っていると横でジグをシャクっていた同船者になにやらヒット!上がってきたのは30cmクラスのアジ。

船が流されたため同じポイントに入り直してまたタイラバを引いて来る。リーリングを速めにした途端「ん?追ってない?」「ゴッゴッゴジィー!」「まぁまぁかな、でも今の食い方は完全にリアクション入って追尾して食ってるな~まだまだ活性が高い訳じゃないか、タイラバのシルエットに助けられてる訳か」。

取り込んだのは50cmクラスのマダイ。「ひと安心だな」。写真を撮ってもらい、しばらく攻めるが反応がないのでポイント移動。

80cm超え大ダイ浮上!

次は40gでは底が取れない流れ。釣友と同船者はタイジグ、私はタイラバ。流していると釣友に強烈な引き!「サメですか?」「ここサメが多いからね~サメならやだな」。だが上がってきたのは80cmのサワラ!「ま、マダイよりいい、全然いい、羨ましい」。

今からの時期、サワラは脂が乗りめちゃくちゃおいしくなる。釣友がサワラの処理をしているさなか同船者にも強烈な引き!「サワラ回ってきたのか?」。どんどんラインを出して行く魚をていねいに寄せ浮上してきたのは80cmオーバーのマダイ!

ボートタイラバ&タイジグゲームで80cm頭に良型マダイ顔出し【熊本】大ダイ浮上(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

「潮止まり前の時合いだ!」。だが、私のタイラバにはリーリングしていた手が止まるほどのアタリがあっただけで、ここでタイムアップとなった。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。