沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】

沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】

10月11日、息子と波止ライトゲーム&ショアジギングに出掛けた。本命アラカブ(カサゴ)とサゴシを無事キャッチした釣行をレポートしたい。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

松浦でアラカブ狙い

次男とは頻繁に行くが長男とは約2年ぶりくらいだ。何狙いがよいかと聞くと、手軽にアラカブを狙いたいとのこと。

当日は午前8時すぎに長崎県松浦市の福島に到着。秀吉丸の船長にお願いして、福田の切れ波止へ渡してもらった。

沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】釣り場略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

タックル

波止の中央付近に釣座を構えてタックルをセットする。私はメタルアディクト40gをセットし、悠人はジグヘッドにイカの切り身を付ける。

沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

まずは悠人にポイントとコツを教えて看板付近に移動。私がレクチャーしている1投目から20cmのアラカブが上がり、幸先の良いスタートとなった。

ショアジギングで45cmサゴシ

その後もぽつぽつと釣れるが15cm以下はリリース。そんな中、サゴシ(サワラ若魚)のボイルがあるので私が遠投し、表層を高速リトリーブするとキッチリとフッキング。

勢いよく上がってきたのは45cmのサゴシだ。サゴシはいたみやすいため、すぐにシメて処理をし、丁寧にクーラーへ入れる。

沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】沖のサゴシを狙い撃ち(提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

20cm超アラカブが続々

あっという間にお昼になり休憩をして午後に備える。悠人はしっかりアラカブを狙い20cmオーバーをキープしていく。

沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】アラカブを手にして笑顔の悠人さん(提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

私はアラカブからサゴシにシフトチェンジして遠投をしまくるがなかなか思うようにはいかない。たまにロッドが曲がるが釣れるのはエソ。

それでもフルキャストを続けていると勢いよくロッドが曲がりやり取り開始。期待大と思いきや途中で勢い衰えたのでアラカブと確信し、丁寧に寄せると良型のアラカブ。計測すると27cmで当日一番だ。

食べる分だけキープ

その後も2人でアラカブの数を伸ばしていくが乱獲は避け、食べる分だけをキープ。十分に楽しめたので早めに納竿し、片付けをして迎えの船を待った。

悠人は良いお土産と経験ができて大満足だったので良かった。帰宅後はアラカブは煮付けにし、サゴシは西京漬けにして堪能した。

沖波止ライトゲームでアラカブ連発 ショアジギではサゴシ登場【長崎】当日の釣り場の様子(提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

<週刊つりニュース西部版 APC・成田義史/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
秀吉丸
所在:松浦市福島町塩浜免2124-8
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。