『サーフエギング』で20cm超え含み秋アオリイカ5連発【福井】

『サーフエギング』で20cm超え含み秋アオリイカ5連発【福井】

福井県あわら市の波松海岸にサーフエギングに行ってきた。開始早々から5連発、そして今季自己最大サイズ記録更新も達成した釣行をレポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・中西弘光)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

波松海岸でサーフエギング

10月12日、昼食を済ませてからゆっくり出発。福井県あわら市の波松海岸に到着したのは、午後2時ごろだった。

出発前に一応天気予報を見ると、サーフエギングには厳しい感じだった。現地へ着いて海の様子を見に行くと、予報通り微妙な波の高さと強めの風、濁りありだった。周りを見渡すと釣りをしている人はいるが、全員キス狙いのようだ。

1投目で15cmアオリイカ

いつものように車が小さく見える所まで波打ち際を歩き、ここから車の止めた場所まで速足ランガンする。1投ずつ扇状に3投してダメなら即移動を繰り返す。

1投目、フルキャストして着水と同時にリールのハンドルをたたき、ラインを張って軽くシャクってからフリーフォールで着底させる。そこから縦と横のアクションを入れ、カーブフォールやテンションフォール、フリーフォールで乗る間を与えていく。

すると、1投目からドスンという感じの重みが伝わってきた。止めるとフッキングしたのか、イカ独特のグイグイという引きに変わった。寄せてきて慎重に寄せ波に乗せてズリ上げる。胴長15cmぐらいのアオリイカだった。

20cmアップ含め5連発

すぐに2投目をキャスト。そして、同じ攻め方をすると、またドスンという重みが伝わってきた。そこから連続ヒットが続く。その中の1匹は今季自己最大記録更新サイズの胴長20cmアップだった。

『サーフエギング』で20cm超え含み秋アオリイカ5連発【福井】1匹だけ胴長20cmアップ(提供:週刊つりニュース西部版・中西弘光)

5連発した後、青物でも回ってきたのかピタリとアタリが止まる。その後もランガンを繰り返したが、途中で青物などのフィッシュイーターが回ってきているなら続けても一緒と判断して、午後3時ごろに終了とした。

この後、何回サーフへ行けるかは分からないが、チャンスがあればまた行こうと思う。釣果は胴長20cmアップ頭に5匹だった。時期的に一番小さいアオリイカでも胴長15cmあり、満足のいく釣行だった。

<週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
福井県・波松海岸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年10月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。