【2020秋】清水港「陸っぱり」タチウオ釣り攻略法3選 柔軟な対応がキモ

【2020秋】清水港「陸っぱり」タチウオ釣り攻略法3選 柔軟な対応がキモ

清水港では今シーズンもタチウオが好調で、時合いに突入するとアタリが連発、時には仕掛けが落ちていかないこともあるほど。今回は、釣り方や攻略法を紹介します。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

ソルトルアー ショア

清水港のタチウオ釣り

清水港エリアのタチウオは、エサ釣り、ルアーどちらでもアタリが多いのでとても楽しめます。ただ、サイズは小型が主体で指2本半クラスがアベレージ。

シーズン初期と比べると指3本半クラスも釣れ始め、少しずつサイズが大きくなっているようですが、時折指1本半クラスの超小型が釣れることも。数は出ても型狙いは厳しい状況です。平均サイズが小さいので、エサ釣りではなかなか食い込まずにエサだけ取られてしまうことも多く、エサの量はたっぷり用意しましょう。

釣り方ごとに解説

釣り方ごとの状況ですが、現在の状況からウキ釣りはやや不利で、投光器を使った垂らし釣りやルアーが効果的です。それぞれ詳しく解説します。

ウキ釣り

ウキ釣りは、タチウオのサイズが小さいことからアタリが分かりにくいですが、沖のフレッシュな魚を狙えるので、垂らし釣りに比べて食い込みは良い傾向です。釣果を上げるコツはこまめに誘うことで、ほったらかしでは食わなくても、誘いをいれることで、反射的に食いついてくるタチウオもいます。

投光器使用の垂らし釣り

清水港名物のスタイルとして有名な投光器を使った「垂らし釣り」は、良い日に当たればエンドレスにアタリがある状況です。ただ、小型の「シラガ」サイズが多いのでガンガンアタってきますがなかなか食い込んでくれません。

ウキ釣りと同様に、こまめに誘って食い気を促すのがキモ。アタリの数はダントツなので、とにかく釣りたいアングラーにお勧めです。

【2020秋】清水港「陸っぱり」タチウオ釣り攻略法3選 柔軟な対応がキモ垂らし釣りの様子(提供:WEBライター・杉本隼一)

ルアー釣り

ルアーは時間帯によって活性の差が激しいものの、時合いに入ると食い込ませるのに時間が掛かるエサ釣りに比べて手返し良く数を伸ばせます。最近はタナが深い傾向なのでワームよりもメタルジグでスピーディーに探るのがオススメです。速めにアクションさせることで遊泳力が弱い小型を回避するテクニックもあるので、是非試してみてください。

オススメの攻略法

次にオススメの攻略法について説明していきます。

1. キビナゴを半身にする

1匹掛けよりも食い込みが良くなるので、なかなか食い込まず苦戦したときにオススメです。解凍したキビナゴをナイフで捌き、半身におろします。作業に手間が掛かりますがハリに掛かる確率が上がるだけでなく、1匹のキビナゴで2回使えるメリットも。半身にするとエサ持ちが悪くなり、ハリから外れやすくなるので誘いはソフトにしましょう。

【2020秋】清水港「陸っぱり」タチウオ釣り攻略法3選 柔軟な対応がキモ半身にしたキビナゴ(提供:WEBライター・杉本隼一)

2. ワイヤーやパイプを外してみる

ワイヤーや保護パイプを装着していると、タチウオが違和感を持って食い込みが悪くなるときがあります。そのようなときは、思い切ってワイヤーや保護パイプを外してみましょう。

歯で切られるリスクは増えますが、8号以上のフロロカーボンラインであれば、ほとんどの場合で耐えてくれます。傷ついたハリスを交換する手間もありますが、違和感が減ってアタリの途中でエサを離すことが少なくなります。

3. ルアーで勝負

ルアーであれば食い込ませる必要がないので、アタリがあれば即アワセで掛かります。

【2020秋】清水港「陸っぱり」タチウオ釣り攻略法3選 柔軟な対応がキモジグで釣れたタチウオ(提供:WEBライター・杉本隼一)

時合いのタイミングはエサ釣りよりも手返しよく釣ることができ、上手な人だとあっという間にツ抜け(10本以上)を達成することも。エギングやシーバスのタックルを流用して手軽に楽しむことが出来るので、夕方や朝の短時間狙いの場合はルアーで勝負しても良いでしょう。

次のページでタチウオ釣りの注意点を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。