ZOZO創業者の前澤友作氏が「釣りのプロ」を募集中 Twitterで話題に

ZOZO創業者の前澤友作氏が「釣りのプロ」を募集中 Twitterで話題に

現在、ZOZO創業者の前澤友作氏が、釣りアテンド、釣りに関わる企画運営・調査分析、その他釣りに関連するすべての業務を行う「釣りのプロ」を自身のnote上で募集している。

(アイキャッチ画像提供:pixabay)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

前澤氏の夢は「漁師」だった?

記事によると、前澤氏の小さい頃の夢は「漁師」で、地元千葉から船を出して仲間と釣りを楽しんだり、海外でも時間を見つけては大物を狙ってトローリングしたりしているのだとか。

今回の募集は前澤氏の「釣りのレベルや質をもっともっと高めて極めていきたい」という思いを受けたもので、全力でそれをサポートしてくれる釣りのプロを探しているとのこと。

前澤氏は現在、漁船の購入も検討しており、採用者には漁船のオーダーから一緒に参加してもらいたいと思っているそう。

ZOZO創業者の前澤友作氏が「釣りのプロ」を募集中 Twitterで話題に将来の夢は漁師だった?(提供:pixabay)

Twitterの投稿にコメント多数

このことを呟いた前澤氏のTwitterには、「呼ばれた気がした……」「必ずお役に立ちます。直ぐに応募致します。」といった好意的なものから「撒き餌のプロはダメですか」といった意味深なコメントまで多数寄せられている。中には有名アングラーや釣りユーチューバーの名前も確認できた。

気になる募集内容は以下の通り。我こそはと思うアングラーは挑戦してみては?

募集内容

<業務内容>
釣りアテンド、釣りに関わる企画運営・調査分析、その他釣りに関連するすべての業務

<求める経験や能力>
3年以上の釣り歴もしくは実務経験のある方
※元漁師、船舶免許資格者の優遇あり

<年収>
能力や前職の収入に応じて要相談

<雇用形態>
業務委託もしくは契約社員

<勤務地>
東京都内

<採用人数>
1~2名

<応募期間>
2020年10月12日(月)~10月25日(日)23:59まで

<TSURINEWS編集部>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。