見た目がモンスターな『サメガレイ』 実は「全身大トロ」で味は抜群

見た目がモンスターな『サメガレイ』 実は「全身大トロ」で味は抜群

「見た目が悪くても美味しいサカナ」はたくさんいますが、『サメガレイ』という魚はその最たる例のひとつかもしれません。

アイキャッチ画像提供:野食ハンマープライス)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

見た目が悪いほど味が良い?

魚食が盛んな日本では、魚の価値は何よりもその「味」にあります。多少見た目が悪くても味が良い魚は、高い評価を受けてきました。

カサゴやオコゼなどは見た目が悪いですが、身の味がとても良いために高級魚として扱われています。その外見からは想像できないきれいな身質から「見た目と味が反比例する魚」なんて言われるようなことも。

見た目がモンスターな『サメガレイ』 実は「全身大トロ」で味は抜群オコゼの一種(提供:PhotoAC)

他には海のギャングと呼ばれるウツボや、毒棘を持つゴンズイなども見た目は悪いですが、味が良いことから地域によってはとても珍重されます。とにもかくにも、味が良ければ外見は二の次というのが日本の文化だと言えるかもしれません。

見た目が最悪な「サメガレイ」

さて、そのような「見た目は悪いが味は最高」と言われるようなサカナのなかでも極端な例と言えそうなのが「サメガレイ」です。狙って漁獲される魚の中では、トップクラスの外見の悪さを誇ります。

見た目がモンスターな『サメガレイ』 実は「全身大トロ」で味は抜群サメガレイ(提供:野食ハンマープライス)

サメガレイは深海に棲息する大型のカレイで、最大で1mほどの大きさになります。きれいなひし形に近いシルエットですが、その全身が灰色のイボに覆われており、これが和名の由来。

しかも強烈に生臭い粘液にまみれており、どれだけ新鮮でも見た目は最悪です。

見た目がモンスターな『サメガレイ』 実は「全身大トロ」で味は抜群サメガレイの口(提供:野食ハンマープライス)

カレイの仲間にしては大きく裂けた口を持っており、牙がむき出しになっているのも印象を悪くしています。『カルト人気を誇るB級映画「トレマーズ」に出てくる怪物・グラボイドにそっくり』というと、伝わる人には伝わるかもしれません…。

味は最高に良い

しかしながら、このサメガレイ、身の味はカレイの中でも出色のものです。

強烈な粘液を流水できれいに洗い流し皮を剥くと、中からきれいな白身が顔を出します。ただきれいというだけではなく、上質の脂がたっぷりと乗っており、全身大トロならぬ全身エンガワとも言えるような魚です。

見た目がモンスターな『サメガレイ』 実は「全身大トロ」で味は抜群サメガレイの寿司(提供:野食ハンマープライス)

回転寿司で「エンガワ」として用いられる「アブラカレイ」や「カラスガレイ」と比べてもより脂のりがよく、身も締まっておりとても美味です。

かつてはその脂のりの良さから鮮度落ちが早く、むき身の冷凍もの以外が流通することはありませんでした。しかし最近は冷蔵技術の発達によって、刺身用の活け締めが都心でも流通するようになりました。街のスーパーマーケットに売られているのを見かけるようにもなっているので、もし見つけたらその見た目に惑わされず購入してみることをおすすめします。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。