水面炸裂系バイトを楽しむ!大興奮ナマズゲーム【福岡県・竹馬川】

4月20日、仕事から帰宅した妻が「ナマズ釣りに行きたい!」と言うので、近所の北九州市竹馬川へ行くことにした。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

午後8時過ぎにエントリー

例年であれば、すでにシーズン初物を釣っていなければいけないのだが、急激な寒波が入ったこともあって、シーズン初期はなかなかナマズの動きが鈍いように感じた。

しかし、ここ数日は気温が20度を越えることも多く、ナマズも活発に動きだし始めている。

午後8時すぎに現地へ行き、準備を済ませて川へエントリーする。

使用するルアーは、『でんぐりガエル鯰SP/Viva』だ。

筆者の当日使用した参考タックル図。

このルアーは『ケミホタル/Lumica』を装着でき、夜間のナマズ釣りでもルアーがキャストされる軌道と、着水してからのルアーの場所が確認できる。

ランガンしながらキャストし続けて1時間経つが、ナマズからの反応は1回しかなかった。

本命ポイントだった支流の合流点でも反応はなく、折り返しながら最初の水門付近へ戻った。

すると、そこで同行していた妻に異変が……。

隣で水面が破裂する音が聞こえたかと思えば、「釣れたよー!」と悲鳴交じりの声が聞こえてきた。

とりあえず、慌てずゆっくり巻いて抜き上げれば大丈夫と伝える。

しかし、昨年からこのナマズ釣りをしているが、実際にファイトするのは初めてなので、そう簡単に落ち着いてやり取りできないのは当然のこと……。

なんとかナマズを抜き上げて見事にキャッチすることができた!が、後が続かず別の川へ移動する。

いいサイズをバッチリ仕留めた。

ポイントを移動

奥さんが当日使用した参考タックル図。

次のポイントは川幅も狭く小場所なポイントだ。

適度に流れもあり、エサとなる小魚も水面をパシャパシャしていた。

2人で釣り始めると、ナマズからの反応は早かった。

橋脚の明暗部にルアーを通していると、その境目を通過するところでヒットはしなかったものの、水面を破裂させるバイトがあった。

もう1回、同じポイントへキャストすると、案の定、先ほどバイトしてきたナマズが再度アタックしてきた。

今度はロッドに重みが乗るまで待ち、スイープにアワセを入れてしっかりとフッキング。

上がってきたのは40cmほどの小型だった。

手早くリリースし、次はサイズアップを狙う。

小場所なため無駄なキャストはせずに、対岸ギリギリまでキャスト。

岸ギワにいるであろうナマズへアピールし続ける。

すると、「ガボッ!」と一発丸のみバイトに襲われた。

ファイトする中で最初の1尾よりもズシッと重みがあったので、サイズアップを確信した。

丁寧に寄せ、暴れなくなったところで一気に抜き上げると、腹パンで余裕の60cmオーバーだった。

魚体を見て筆者はこの表情。

産卵を控えた個体だったので、たくさん卵を産んでくれという気持ちで優しくリリース。

また遊んでもらえることを願い、この日の釣りを終了した。

これからのシーズン、ナマズ釣りは最盛期に入るので、春の夜に水面炸裂系のバイトを楽しんでみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース APC・鳴瀬雄太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
竹馬川
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。