ジギングでビンチョウマグロ15kg級 船中ダブルヒットも【志摩沖】

ジギングでビンチョウマグロ15kg級 船中ダブルヒットも【志摩沖】

8月上旬、三重県志摩市和具出港でキハダジギングに行ってきた。同船者も多いなかで、15kgほどのビンチョウマグロを仕留めた釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

志摩沖でマグロジギング

三重県志摩市和具出港でキハダジギングへ。目指す先は熊野灘だ。出船30分前に和具漁港の渡船場に到着。キハダ狙いとあってキャスティング希望のアングラーは多く、ミヨシから4人、私はトモから2番目。

ポイントは熊野灘沖浮き漁礁(パヤオ)だ。ジギング用タックルを2セットで乗り込んだものの、ほとんどのアングラーはキャスティングも準備している。

深谷水道を5時に抜けた船は、70マイルを一気に走り続けた。2番パヤオに6時半に到着した。

ジャークが基本アクション

パヤオ周りでは、マグロ狙いの船が釣り始めていた。船長はその船たちの潮上に着け、80mラインで始めてくださいと声をかけた。220gのアイヤージグシルバーロングでライン角度を見ながらフォール。

私はキハダジギングが初めてなので、どういうシャクリが効果的か分からない。ビンチョウ狙いで実績のあるスロージャーク中心で開始。

パヤオ周りで時折海面のざわつきがあるものの、これといったバイトはない。長丁場と考え、体力を温存した省エネ釣法で緩やかなジャークを繰り返していた。

ビンチョウマグロ10kg超浮上!

船長は僚船と連絡を取り、魚探に映る魚影を追いながら水深の指示をしてくれた。110mラインで反応があり、80mラインでも映ると船長。

なんとなく時合いかなと思った瞬間ヒット!ティップが締め込まれた。すると胴のアングラーにもヒット。

グルグルグルグル巻けるだけ巻く。重量感は間違いなくマグロ。ラインは強烈に引き出されたが、船長はメバチかなと話している。7時25分にヒットした魚は20分程度で水面を割った。キラッと見えたのは、ビンチョウマグロ。10kgを優に超えている。2回ほど水面近くを回らせ空気を吸わせたマグロを、船長はサクッとすくい上げてくれた。

ジギングでビンチョウマグロ15kg級 船中ダブルヒットも【志摩沖】15kgほどのビンチョウマグロ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

同時にヒットしたアングラーも同サイズのビンチョウマグロ。早々のマグロに気持ちのゆとりを感じながら再開。かなり疲れていたが、キハダを釣りたい一心で気持ちはたかぶる。

ビンチョウマグロがダブルヒット!

日焼け止めを塗り、飲み物も準備して熱中症予防も完ぺきにしたアングラーたちも、風がやみ次々屋根のあるトモへ避難してきた。9時半を回ったころ、80mラインで魚影が映り、隣のアングラーと胴のアングラーにヒット。2人ともビンチョウマグロだ。

2回目の時合いを迎えて、船長はパヤオの周辺を流したり、最初に釣り上げたポイントを押さえたり工夫をしてくれたが、食ってこない。他船では暑さで戦意喪失のアングラー続出で、ほとんどサオを出していない。

丸々太った4kg級のカツオも

午後1時を過ぎると、僚船の2隻だけになってしまった。何とかキハダやメバチを釣りたいと、50mラインを攻め続けたが、ノーバイト。

やがて、沖上がりの2時を過ぎたころ、ミヨシでキャスティングを繰り返していたアングラーにヒット。上がってきたのはカツオ。それも4kgはありそうで丸々太っている。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。