大阪湾の波止タチウオが早めの開幕 ワインドで3匹手中【貝塚人工島】

大阪湾の波止タチウオが早めの開幕 ワインドで3匹手中【貝塚人工島】

8月12日に夕方の時合いを狙って、大阪・貝塚人工島にワインドタチウオ釣行。釣果情報では夕方が好調とのこと。うまく本命3匹を仕留めることに成功した。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

『貝塚人工島』でワインドタチウオ

8月上旬になって、大阪府の貝塚人工島や泉佐野の食品コンビナートの護岸では、昨年より1カ月早く、タチウオが釣れ始めた。指2.5~3本幅の65~70cmクラスの小型が多いが、80cmクラスの良型も交じって釣れているとか。小さい卵を抱卵しているので、乗っ込みの第一陣が接岸しているようだ。

当日は現地に午後5時半に到着した。タチウオが釣れている情報が伝わっているのか、釣り人の車が数多くとまっていた。人工島の南西側にあるプールと呼ばれる足場のいい護岸に行くと、タチウオ狙いの釣り人で満員状態。その護岸に続くテトラ帯もルアーマンが多かったが、しばらく歩いて空きスペースを見つけ、そこでワインドタチウオタックルをセットした。

大阪湾の波止タチウオが早めの開幕 ワインドで3匹手中【貝塚人工島】貝塚人工島の釣り場風景(提供:WEBライター・谷口墨人)

スローワインドで挑戦

この日のワインドタチウオのタックルは、21gのジクヘッドに5inchのパワーシャッド(パールホワイト)の頭をカットしてから装着。できるだけ遠くにキャストし、着水後、ボトムまでカウントダウンさせてから、ゆっくりとスローワインドでシャクり始める。

大阪湾の波止タチウオが早めの開幕 ワインドで3匹手中【貝塚人工島】使用したルアー(提供:WEBライター・谷口墨人)

夕マヅメにバイトするが…

夏まっ盛りなので蒸し暑いが、西風が吹いているので多少ましだ。夕日が淡路島側にゆっくりと沈んでいった6時50分ごろにバイトが始まった。中層をゆっくりとシャクっていると、ガツーン!とバイト。

シャクリがアワセになり、そのままリールを巻いて寄せにかかると、グングンとしめ込んでくる。手前まで寄せてくると80cmクラスのタチウオだ。しかし、抜き上げの時に暴れてフックアウトし、ナチュラルリリース。

1匹目はタチウオ67cm

再びゆっくりとシャクっていると、また中層でガツーンとバイト。寄せにかかると、手応えは弱いが軽くしめ込んでくる。ゆっくりと抜き上げたのが、67cmのタチウオ。時合いが始まり、周りのルアーマンも次々とタチウオをキャッチしている。

表層をシャクッてみると、グンとバイトしたが、すぐに軽くなり、フックアウト。また投入すると、表層ですぐにグーンとバイトがあり、70cmのタチウオをキャッチ。

大阪湾の波止タチウオが早めの開幕 ワインドで3匹手中【貝塚人工島】今シーズンの初物をゲット(提供:WEBライター・谷口墨人)

小型タチウオが多め

その後もバイトは多くあったが、小型のタチウオが多く、ゴンとアタリがあってもなかなかハリ掛かりしないことや、抜け上げの時のバラシのシーンもあって、追加は1匹だけだった。

7時30分をすぎると辺りが暗くなり、バイトがなくなった。まだハシリの段階で、群れが小さいみたいだ。タチウオの気配が消えた後も8時すぎまでシャクり続けたが、バイトはなく納竿とした。

最終釣果

今回は65~70cmのタチウオを3匹キープできた。今後、タチウオ狙いは、盛期に入り楽しめるだろう。

大阪湾の波止タチウオが早めの開幕 ワインドで3匹手中【貝塚人工島】当日の釣果(提供:WEBライター・谷口墨人)

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
貝塚人工島

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。