ハゼ釣り好ポイント:旧中川 エサはコンビニで調達可能【東京】

ハゼ釣り好ポイント:旧中川 エサはコンビニで調達可能【東京】

8月、東京都江東区と江戸川区の区堺を流れる旧中川のハゼが好期を迎えている。オススメの釣りポイントやタックル、アクセスなどを紹介しよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

旧中川でハゼ釣り好期

都営新宿線「東大島駅」周辺は駅の下を旧中川が流れており、電車釣行に便利。ハゼの魚影もすこぶる濃く例年5月から釣れだし、10月まで長く楽しめる。初期から良型がそろう。

両岸の川沿いには奇麗な護岸が整備されており、足場は非常によく、スニーカーでOK。川は上、下流が普段は水門で閉められているため潮の影響は受けず、水深は一定で、流れがなく釣りやすい。潮時を気にせず出かけられる。

両岸とも親水公園が整備されており緑が豊か。公園内はトイレや水飲み、遊具がありファミリーも安心。

アクセス

電車は、駅の改札は川をまたいで東西に分かれている。東岸の江戸川区側のポイントには小松川口から駅前ロータリーを西に歩くと土手が見える。釣り場は目前だ。

一方、江東区側のポイントは大島口から南側にある駅前ロータリーに出て高架沿いの公園の中を東に抜けると河原へ。車は江戸川区の大島小松川公園駐車場を利用。

ハゼ釣りポイント

旧中川のハゼ釣りポイントだが、江東区側のゴロタ帯がオススメ。江戸川区側もよく、砂地の遠浅で長竿での沖狙いになる。江東区川は短竿で手軽にヘチから狙える。ゴロタ石組で、ロープくいの先が急深になっており、水深は1.5m前後。ロープの手前は水深50cm前後の砂地の平場。見釣りで狙うといい。

ハゼ釣り好ポイント:旧中川 エサはコンビニで調達可能【東京】良型もとびだす(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

魚の近くに静かにエサを落とすと、数尾単位で寄ってくる。エサに食いつく瞬間、竿を上げるのがコツ。何尾か釣ると魚もスレる。アタリが遠くなったら移動しよう。食いがいい朝夕マヅメの1~2時間の釣行でも50尾以上の釣果を上げることも可能だ。また10cm級の良型が多いので引きも存分楽しめるだろう。

オススメのタックル

2.4mの振り出し式のノベ竿にミチイト1号を竿いっぱい。ハリス0.6号10cm、ハリはソデ3号を結んだシモリ仕掛け。ウキは軸付きセル玉8mmの下に中通しセル玉5mmを2個付け、板オモリですべてのウキがゆっくりと沈むように浮力を調整。水面下5~10cmの位置にウキ下を調整。

エサは2cmくらいに切り、通し刺しにして使用。東大島駅の小松川口のコンビニに釣りエサの青イソメとキジ(ミミズ)が置いてある。

<週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
旧中川丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。