夜のイカメタルゲームでパラソル級含みケンサキイカ連発【福岡・響灘】

夜のイカメタルゲームでパラソル級含みケンサキイカ連発【福岡・響灘】

7月中旬の中潮、北九州市小倉港のガイドサービスセブンで、ナイト・イカメタルに行ってきました。日が暮れると浅いタナで乗り連発。楽しい夜のイカ釣りをレポートします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

響灘でイカメタル

釣行当日は仕事が終わってから急いで支度をして午後6時の出船に合わせて港に到着。荷物を乗せて響灘に向かいます。

夜のイカメタルゲームでパラソル級含みケンサキイカ連発【福岡・響灘】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

明るい時間帯は底狙い

ポイントに到着してもまだ明るいので、しばらくは底を探っていくことにしました。水深80m前後の場所でていねいに底を探っていきます。底潮が強く何度か底を取り直していると、スーッと仕掛けが重たくなります。

掛かったなと思いながらステイさせているとズシンと重たくなり、良型と確信してしっかりアワせてから巻き上げると激しい抵抗がありつつ、やっと上がってきたのはパラソル級の良型に思わずニッコリ。

しかし、キャッチしたところで勢いよくスミをかけられ「やられた~」とみんなで大笑い。

夜のイカメタルゲームでパラソル級含みケンサキイカ連発【福岡・響灘】明るい時間帯では底でヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

暗くなると20m前後でアタる

暗くなってからはかなり上にイカが浮いてきて、20m前後のタナでアタるようになりました。イカのいるタナにイカメタルを漂わせていると、引ったくるように抱いていく明確なアタリが多く、船上はとても賑やかになりましたが、風が強くなってきたので午後10時に納竿しました。

夜のイカメタルゲームでパラソル級含みケンサキイカ連発【福岡・響灘】美味しいイカをみなさんも!(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ガイドサービスセブン
出船場所:北九州市・小倉港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。