手漕ぎボートで悠々コマセ釣り ワカシ6匹キャッチ【神奈川・長者ヶ崎】

手漕ぎボートで悠々コマセ釣り ワカシ6匹キャッチ【神奈川・長者ヶ崎】

7月24日(金)、相模湾の葉山・長者ヶ崎にボート釣りに出かけた。本命はマダイだが何が釣れてもOKの心構えで楽しみ、ワカシ6匹の釣果を得たのでリポートしたい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎 健)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

メインはタイだが何が釣れてもOK

5時半に到着。天気は曇りで微風ベタナギ。受け付けを済ませた6時、いつものように引き舟でポイントを目指す。

この日は沖ブイに係留してコマセでマダイを狙うが、何が釣れてもOKの五目釣りといったところ。10分ほどでポイントに着く。

手漕ぎボートで悠々コマセ釣り ワカシ6匹キャッチ【神奈川・長者ヶ崎】引き舟でポイントを目指す(提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎 健)

アタリなくエサも取られない

プラカゴにアミコマセを8分目に詰めて第1投、水深は約30m。仕掛け着底後、イトフケを取り、底を3mほどきったところでコマセを振り出す。さらにハリスぶん巻き上げたタナでアタリを待った。

ベタナギだが、見た目とは違い潮は激流。仕掛けが流され、かなり釣りづらい状況だった。何投か手返しするがアタリはなく、エサは残ってくる。

手漕ぎボートで悠々コマセ釣り ワカシ6匹キャッチ【神奈川・長者ヶ崎】当日の海の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎 健)

ワカシ30cmがヒット

しばらくして、ようやくヒット。ハリスをたぐると横走り。上がってきたのは30cmほどのワカシ。この時期はまだ小型。それでも魚が見れてほっとする。周りでもワカシやサバ、カワハギがヒットしているようで、子どもの歓声が聞こえてくる。

しかし、群れで回っている様子はなく、根気よく探る時間だけが過ぎていく。この時間もまた楽しい。

正午に納竿

予定通り正午に迎えにきてもらって沖上がり。釣果は30cmほどのワカシ6尾。2尾キープしてあとはリリース。今後さらに大きくなってくることを期待したい。

手漕ぎボートで悠々コマセ釣り ワカシ6匹キャッチ【神奈川・長者ヶ崎】キープしたワカシ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎 健)

梅雨明けもまだ見えないが、晴れ間を狙ってまた釣行したい。

<週刊つりニュース関東版 APC・松崎 健/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
長者ヶ崎
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。