ボートヒラスズキゲームで『荒磯の王者』74cm堂々浮上【長崎】

ボートヒラスズキゲームで『荒磯の王者』74cm堂々浮上【長崎】

長崎県相浦港出船のボートでのヒラスズキゲームに初挑戦。磯ギワの強引な引きから、「荒磯の王者」とも呼ばれるヒラスズキ。意外と狙いやすいターゲットなのでオススメだ。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・中村亮介)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

ボートでヒラスズキ釣り

この日は、6時30分に長崎県相浦港を出港し午後2時切り上げとのこと。小潮で潮回りがあまりよくないようだが、ボートなのでショアからでは狙えない場所を狙え、ヒラスズキと出会う確率は高いだろうとのこと。

ヒラスズキはこの時期、アフターから回復した個体で、より簡単に釣ることができる。ベイトがキビナゴなどでかなり小さく、ルアーサイズもより小さい物をセレクトする必要がある。船長から小型のミノーやバイブレーションが良く釣れると聞き、小型ミノーを選択。サイレントアサシン99fを使用した。

『サラシ』がポイント

船長はボートを岸から並行に流していくので、岸ギワにどんどんテンポ良く撃っていく。このとき大事なのが岸ギリギリを狙うこと。基本的にサラシが出ていないと難しく、サラシがほとんどななかったため、岸ギワの薄いサラシの中で食わせないといけない。そのため、岸から30cm以内にキャストを決めていく必要があった。

シャローでヒラスズキ74cm

最初のポイントでは、同行者に1回バイトがあったのみ。すぐに移動し、島と瀬の間にあるシャロー地帯で、ヒラスズキの好むスリットが多い。

先ほどと同じルアーを使用し、広範囲にあるポイントを遠投して、広く狙っていく。するとゴンッとスリットの中から強烈なバイト。すぐにフッキングに持ち込む。ヒットしたポイントはかなりシャローなエリアでスリットがたくさんあり、潜られないよう慎重にファイトしなければならない。強烈な引きでドラグが滑る。ようやく上がってきた、ファーストヒットは、74cmと良型だった。

ボートヒラスズキゲームで『荒磯の王者』74cm堂々浮上【長崎】良型の本命を披露する筆者(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・中村亮介)

マダイもヒット

その後、ここのポイントは、かなりのヒラスズキがストックされていたようで、なおかつ大量のベイトが集まっていたために、バイトが連発し40~50cmほどのヒラスズキが釣れた。さらに、同行者にマダイがヒットするなど、ここでかなりの数を釣ることができた。

ボートヒラスズキゲームで『荒磯の王者』74cm堂々浮上【長崎】マダイがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・中村亮介)

嬉しいヒラマサ3kg浮上

その後、潮のタイミングが悪くなり、ほかのポイントへ移動したが、ほかのポイントでも反応は得られず終わった。

最後のポイントへ移動中に青物らしきナブラを発見し、狙ってみると、同行者にヒット。青物の強烈な引きに耐え、上がってきたのは3kgほどのヒラマサで嬉しい1尾となった。

ボートヒラスズキゲームで『荒磯の王者』74cm堂々浮上【長崎】同行者はうれしいヒラマサも(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・中村亮介)

最終釣果

そして最後のポイントへ。朝イチにかなり釣れた場所。同じように広く狙うと、40cmほどのヒラスズキが釣れた。楽しい時間もすぎ、帰港時間。船上の釣果は20~30尾ほど釣ることができ、マダイが1尾とヒラマサが1尾で、かなり満足のいく釣行となった。

釣りをする時は、必ずライフジャケットを着用し、安全で楽しく釣りをしよう。

<週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・中村亮介/TSURINEWS編>

▼出船場所について
佐世保市・相浦港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。