デイエギングのススメ。見えイカを掛ける!【鹿児島県・桜島】

4月5日、釣り好きの弟を誘って桜島エギングにでかけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

昼前から実釣スタート

6月下旬まで大型狙いが楽しめる!

私が住む鹿児島県姶良市から桜島までは下道で約1時間。

午前10時すぎに釣り場に到着した。

エギングは朝遅くても手軽に楽しめるのがよい。

この日は快晴で風も穏やかなエギング日和。

気温も26度と4月上旬にしては暑いくらいだ。

桜島は車を使い1時間ほどで島を一周でき、避難港や磯場、サーフなどのいろいろなシチュエーションでエギングを楽しめる。

まずは実績の高い桜島南側の避難港でエギングを開始した。

南側を選んだ理由は鹿児島湾口部から暖かい潮が当たることと、水深があり流れも常にあるためアオリイカの活性が上がり釣りやすいためだ。

参考タックル図。

港は透明度が高いので5mほどある水深でも海底がしっかり確認できる。

天気が良いので偏光グラス越しに300~500gほどのアオリイカの群れが泳いでいる姿が見えた。

早速、エギをセットしキャストする。

鹿児島はエギンガーも多くプレッシャーが高い。

群れを散らさないように、『エギスタ3.5号/OceanRuler』を群れの端っこにキャストする。

ゆっくりとしたダートアクション後にイカの手前でフォールさせる。

エギの目の前まで追ってきたが抱きつかない。

エギをチェンジ

そこで今春発売した『エギスタSLOW3.0号/OceanRuler』に変更。

同じように群れの端にキャストして、先程よりさらにゆっくりとアクションさせる。

そしてイカの1m手前でスローフォールさせると狙い通りにヒットに持ち込めた。

水面に浮いていた見えイカを1投目で釣り上げた。

水深は10mほどあるが、見えイカにはスローフォールのエギ。

イカのいるレンジで沈む速度の違うエギを使い分けて釣ることができるのもエギングのテクニックのひとつだ。

その直後に同じように弟も見えイカをゲット。

サイトフィッシングはイカとの駆け引きを目で見ることができるので、釣れたイカは小さくても大きさ以上のドキドキ感を味わうことができた。

その後、ほかの釣り場に向かう途中でスミ跡の確認するためいくつかの港に立ち寄った。

藻場のあるポイントでは推定2kgはあろうかというアオリイカも発見したがエギにまったく反応しない。

ノーマルタイプのエギで乗りが悪いときは、スロータイプに替えて釣果が出た。

産卵に入るとエギに抱きつかなくなる春特有の現象だ。

数尾のイカが入れ替わり立ち替わり回遊しているのだが、しばらく粘ってみたが午後3時すぎにタイムアップ。

残念ながら釣り上げる事はできなかったが、潮が動く時間にうまく合えば釣り上げることができるであろう。

リベンジを誓った釣行となった。

鹿児島湾全域で水温が安定してくると大型アオリイカの姿もちらほら見かけるようになってきた。

これから6月下旬まで春の大型イカ狙いが楽しめそうだ。

<姶良市・河野剛志/TSURINEWS編>

▼アクセス
桜島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年4月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。