初夏の南伊豆でエギング 本命アオリイカ2尾キャッチ【静岡・外浦湾】

初夏の南伊豆でエギング 本命アオリイカ2尾キャッチ【静岡・外浦湾】

6月26日(金)、静岡県の南伊豆へアオリイカのエギングに出かけた。アオリイカも「そろそろ終盤か」と思いながら、2ヶ所の釣り場で本命をキャッチした。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

外浦湾でエギング開始

6月26日(金)、静岡県の南伊豆へアオリイカのエギングに出かけた。下田港方面に向かい、8時に外浦湾に到着。アオリイカも「そろそろ終盤か」と思い、藻の生えている場所を探す。先行者はなく、堤防には小さなスミ跡がある。

3.5号のエギをキャストして、中層を意識しながらダートさせ、カーブフォール。しかし、海藻が多く、長めに沈下させるとすぐ引っかかってしまう。しばらく広範囲を探ったがダメ。次の場所に移動、アピールカラー中心に投げるものの、反応なし。

小稲港で反応アリ

移動した先の小稲港でエギング。上げ潮の18時ごろ、この日初めて生体反応をキャッチ。イカが触ったのか、魚が触れたのかは不明だが、ツンと明確に伝わってきた。

この時期のアオリイカは秋と違い、警戒心が強くすぐにエギに抱きつかないケースが多い。しかし、1尾掛かるとペアが追尾してきて目視できることも。春から夏のエギングの醍醐味といえる。

本命アオリをキャッチ

アタリがあった層からカウントしながら下の層をサーチ。数回アクションして、ミチイトを張った状態でゆっくりフォールさせると、イトがスルスルと水面に吸い込まれピタリと止まる。小型ながら、なんとか1尾をキャッチ。

初夏の南伊豆でエギング 本命アオリイカ2尾キャッチ【静岡・外浦湾】本命アオリに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

中層でアオリ追釣

このイカを取り込む際、時折グ~と変な重さが加わったり、妙にイカが暴れたりと変な感じがした。「もしや、違う個体が襲いかかってきたのかも知れない」と、同じ方向にもう1度投げてみる。

中層を意識したカーブフォールでアタリを待つ。時折、多めにアクション。スイッチの入ったイカはこの1投でアタッてくることが多いので集中。フォール中にコツンと、何やらぶつかったような感覚。そのままフォールさせると通常と違うラインの動きがはっきり確認できた。

ツッツ~と水面に入って、ピンと張っていたラインテンションがフッと抜ける。「いた!」竿を立ててアワせた瞬間、ドラグが音を立てて心地よく引き出される。ゆっくりやりとりすると、水面下に本命を確認。足元まで寄せてギャフを掛ける。

初夏の南伊豆でエギング 本命アオリイカ2尾キャッチ【静岡・外浦湾】アオリ追釣(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

南伊豆は青物も狙える

このあと、数投するが反応なく納竿した。静岡県の南伊豆は、青物の回遊が始まり、今後はライトショアジギングが面白い、にぎやかな海になってくる。今回巡った釣り場へは、西湘バイパス石橋ICから国道135号線・136号線を利用すると便利だ。

<週刊つりニュース関東版 野中功二/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
小稲港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年7月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。