アジングで20cm級本命と対面 『気泡パターン』で攻略?【大阪南港】

アジングで20cm級本命と対面 『気泡パターン』で攻略?【大阪南港】

ここ2ヵ月、大阪南港のアジは姿を消していた。それでも夕マヅメならチャンスがあるかと思い、7月2日にアジングへと出かけた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

常夜灯下で豆アジング

夜は定番の常夜灯下を探った。しかし、アタリはするが乗せきれない。一度掛けたが手前でバラシ。サイズは目視で10cm程度。まさに初夏の「豆アジ」だ。

この神経戦に疲れてきたことと、この日はタコ釣りの準備をしてきたこともあり、ここで納竿とした。

「気泡」パターンは再現性あり

今回の釣りで、今の大阪南港は「気泡」の下のプランクトンについたアジがいる、それも「速めの動きに反応する」というパターンが見つけられた。

この再現性があるか、早速探ってきたところ、やはり同じパターンで食ってきた。レンジはその時々によってかわるかもしれないが、1g程度のヘッドで15カウント前後とやや深め。よければ参考にしていただきたい。

アジングで20cm級本命と対面 『気泡パターン』で攻略?【大阪南港】別の日、同じパターンで食ったアジ(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
大阪南港

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。