スーパーライトジギングでイサキ不発も40cmキジハタ手中【京都・舞鶴】

スーパーライトジギングでイサキ不発も40cmキジハタ手中【京都・舞鶴】

6月になって、釣行にもエンジンがかかってきた。6月6日に京都府・舞鶴のスーパーライトジギングで、キジハタ40cmをキャッチできた釣行をレポートしよう。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・田中こうじ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

舞鶴でスーパーライトジギング

6月になって、釣行にもエンジンがかかってきた。できていなかったあの釣りもこの釣りもやりたいと、6月6日に京都府・舞鶴にジギングで釣行。狙いはSLJ(スーパーライトジギング)のキジハタとイサキだ。舞鶴では初挑戦となるSLJ、さてどうなるか。

午前6時半に集合して受付を済ませる。船長が熱を測り、全員が平熱であることを確認。その後、出航。1時間ほど走って経ケ岬を越えて到着。水深35mラインでスタート。ドテラ流しで探る。

ジャーク&フォールで小型キジハタ

船長によるとイサキと思われる反応やベイトなども映るそうだ。50gのメタルジグをスピニングタックルにセットし、潮上に遠投。カウントをしながらジャーク&フォールで探る。

反応が出るたびにボトムから10mまでなどと船長からアナウンス。ボトムを取り、ワンピッチやハーフピッチで探り、フォールを入れるがバイトはない。渋いのだろうか。船中ポロッと出るのは、小型のキジハタやカサゴのみで移動。

ボトムで25cm級キジハタヒット

西に移動しながらランガン。青物で攻めたことのあるエリアだが、もっと岸寄りで岩礁帯をたたく。時折歓声が上がり40cm超のキジハタが上がる。イサキのバイトがないので、ボトム中心のアプローチに変える。

少し風が出てきたこともあり、潮上ではスピニングで遠投してアプローチ。潮下ではベイトタックルと使い分ける。ジグも水深に応じて鉛とタングステンを使い分ける。ボトムでガッと乗ってきたのは、25cm級のキジハタ。30mを引き上げられて口から浮き袋が出ている。バケツに入れたが、腹を上に向けて浮いてしまっている。エア抜きして胃袋を押し込むと沈んで泳ぎだした。そのままにして続きを狙う。

ちょこちょこバイトはあり、ヒットもするがカサゴが多い。ボトムを狙いすぎているのだろうか。移動のタイミングでバケツを見ると、キジハタは元気に泳いでいたので、リリース。

40cmキジハタ手中

さらに西に移動して水深20m。時合いなのかバイトが続く。小型キジハタやカサゴが続いた後に、ボトムでガツン!ぐいぐいとロッドを絞り込む。ドラグを滑らせながら浮かせたのは、40cmキジハタ。思わずガッツポーズ。良かった~。

スーパーライトジギングでイサキ不発も40cmキジハタ手中【京都・舞鶴】40cmキジハタゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・田中こうじ)

正午すぎ、帰路に就きながらランガン。イサキ感度をたたいていると、トモで待望のイサキが上がった。ボトムから10mでヒットしたそうなので、中層でフォールさせるとひったくるようなバイト。フッキングも決まって心地よい引きを楽しむ。上まで抵抗して期待したが、35cmのキジハタだった。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。