管理釣り場で楽しむフライフィッシング【東京都・浅川国際マス釣場】

4月5日(木)、東京八王子の浅川国際マス釣場フライフィッシングを楽しんだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

受付前からスタート

好調だった大岩周辺。

午後2時前に釣り場に到着。

3時間券を購入し、釣り場の様子を見て回ると、道路側中央にフライとテンカラの釣り人2人が先釣。

受付前にヤマメアルビノ(ニジマス)が見えたのでここから始めた。

タックルは図の通りで、まずはアルビノを狙い、手前側40~50cmに『フラッシュバックマラブー/OWNER』を打ち込んで沈める。

参考タックル図。

すると26cmニジマスがヒット。

アルビノ、ヤマメをピンポイントで狙うものの、ニジマスが先にヒットしてしまう。

アワセないことも考えたが、高活性なので、フライをくわえるとすぐに走ってフッキングしてしまう。

アワセをいれて釣っていくと、20分ほどでツ抜け。

その後もフライを交換しながら探っていくと連続ヒットもあった。

小さい魚影が見えたのでヤマメかと思い狙ったが16cmの同じ魚。

小仏川側を探る

フライでの数釣りを楽しんだ。

開始から1時間ほど。

魚からの反応が悪くなったので、小仏川側を探ると、奥の大岩の浅場にいニジマスが数尾見えた。

視認性の高い『ストリーマーマラブー/OWNER』のオレンジをキャストすると1投目からヒットし4連釣。

同場所ではその後も釣れ続けトリプルヒットもあり、40分くらいで25尾と好調。

その後魚からの反応が悪くなった。

ほかの釣り人が納竿したので幅広く探ることもできたのだが、最後にヤマメとアルビノを狙った。

1尾ずつピンポイントに狙うと前者が反応。

フライをくわえたが、アワセが一瞬遅れてしまいがっかり。

その後ヤマメやアルビノは釣れなかったがが、2時間半で53尾のニジマスを釣ることができた。

同地は水質がいいのでサイトフィッシングが楽しめる。

テンカラを禁止している釣り場も多いが、ここではフライもテンカラもOK。

水質がクリアなため、ルアーではパターンを見つかまないとヒットさせるのは難しいが、常連たちはコンスタントに魚を掛けている。

上級者ほどファンが多い。

また、炭火焼きの設備が整っているので、釣った魚をその場で味わうこともできる。

エサ釣りは貸竿があるので、手ぶらで楽しめる。

高尾山散策と合せて楽しむのもいい。

<週刊つりニュース関東版 APC・内藤茂幸/TSURINEWS編>

▼アクセス
浅川国際マス釣場
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。