「食べたら死ぬ」で知られる『キタマクラ』は素手で触ることもダメ?

「食べたら死ぬ」で知られる『キタマクラ』は素手で触ることもダメ?

釣りでたまに釣れることのあるサカナの中にキタマクラというものがいます。毒があるから食べてはいけないというのは有名ですが、実は皮膚にも毒が存在するのです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

キタマクラとは

皆さんは『キタマクラ』というサカナをご存じでしょうか?

キタマクラはスズキ系・フグ目・フグ科・キタマクラ属に属する魚で日本近海で比較的良く見かけ、魚釣りをする人にとってはエサ取りのサカナとして知られています。

生息地域は関東地方より南の沿岸部と言われていますが、近年の地球温暖化の影響で生息域は少しずつ北方に広がってきていると考えられています。

体長は約10㎝前後のものが多く最大でも15cm程度にしかならない小型のサカナです。体色は背側は茶褐色、腹側は白色で、胸ビレから尾ビレにかけて2本の黒っぽい縦帯が入っているのが特徴です。

食性は雑食であり、強靭な歯を使って小魚や甲殻類、貝類、海藻、ヒトデなどさまざまなものを捕食します。この強靭な歯によって、釣り糸が噛み切られてしまうため、釣り人からはあまり好かれてはいません。

「食べたら死ぬ」で知られる『キタマクラ』は素手で触ることもダメ?毒々しいキタマクラ(出典:PhotoAC)

美味なハギとの見間違えに注意

キタマクラは見た目のシルエットやとび出た口などの形態的な特徴から、カワハギと間違われることが多いようです。

中でもウマヅラハギは非常によく似ており、「ウマヅラハギだと思って食べてしまったものが実はキタマクラで危うく本当に北枕になってしまうところだった」なんて事例も存在するようです。

しかし、キタマクラとカワハギでは大きく違う特徴がいくつかあります。

・カワハギの皮膚がザラザラなのに対し、キタマクラはヌルっとした粘液で覆われている
・体の形はカワハギの方が体高が高く、キタマクラは比較的体高が低い

他にも模様などは全く異なるので、危険を回避するため事前に覚えておくといいかもしれません。

「食べたら死ぬ」で知られる『キタマクラ』は素手で触ることもダメ?ウマヅラハギは特に似ている(出典:PhotoAC)

キタマクラは「北枕」

なぜ名前がキタマクラなのかというと、これには彼らが持つ毒が深く関係しています。

日本では亡くなった方を横たえる際、北枕にする慣習があり、キタマクラを食べることで同じ状態になってしまうという連想からこの名がつけられたと考えられています。

キタマクラは毒のあるサカナとして有名なフグの仲間なので、体にテトロドトキシンという強力な神経毒を持っています。この毒は非常に強力なため、「キタマクラを食べると死んで北枕になってしまうぞ」という戒めの意味が込められているのです。

次のページで「テトロドキシン」について詳しく解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。