伊良湖沖カサゴ五目釣りで本命64匹 数釣り達成で満足【愛知】

伊良湖沖カサゴ五目釣りで本命64匹 数釣り達成で満足【愛知】

5月15日、愛知県・南知多町の大井港からカサゴ五目で出船した。年中釣れるカサゴ、久しぶりに味わえた感触に大満足の釣行となった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大塩誠二)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊良湖沖でカサゴ五目釣り

今回は大好きなカサゴ釣り。わくわくしながら右舷ミヨシ付近で準備を進めていると、程なく出船時刻となった。

穏やかな海ときれいな日の出を眺めていると、やがてポイントの伊良湖沖に到着した。仕掛けやエサ付けなどの確認をしていると、「根掛かりに注意して底付近を中心にカサゴ狙いでやって」という合図があり、釣り開始となった。

伊良湖沖カサゴ五目釣りで本命64匹 数釣り達成で満足【愛知】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版 APC・大塩誠二)

朝イチの時合いに重量級ヒット

水深60m前後だが、穏やかなこともあってアタリはダイレクトに感じる。最初の誘いでググッとアタリを感じ、巻き上げるといきなりダブルヒット。仕掛けがいい巣穴付近に入ったのかどうかは分からないが、活性はかなり高いのだろう。

狙っている重量感あるうれしいサイズだ。朝イチの時合いはこのサイズが多かった。

冷凍ウタセエビは朝市で入手

主に使用したエサは冷凍のウタセエビ。これは余談だが、一色港にある「さかな村」の朝市でトロ箱入りを買っておいたもので、かなり値打ちで、かつ有用なエサだ。

日によってはエサとして使えるような小魚をたくさん売り出しているので、港内の釣りを兼ねて訪れてもいいかもしれない。

前半はアタリ頻発

ポイント移動は数回あったが、前半はほぼ空振りなしで絶好調だ。流れや船の動きに合わせて底を取りながら岩場と砂地の混在する場所を丹念に探っていくと、待望のアタリがある。時には根掛かりもするが、仕掛けなどの交換は慌てずに。ここは確実に手を入れたいところだ。

魚信遠いときこそ根気良く

日が高くなった後半、ポイント移動時を利用して腹ごしらえだ。しばし手を休め、伊良湖付近を眺めながら食事を取る。雑踏を忘れさせてくれる心和らぐひとときだ。

再開、水深50m前後だが、ややアタリが渋くなり、根掛かりも多くなってきた。先ほどのようなわけにはいかず、工夫と粘りの時間帯だ。しかしベテランさんは、こんなときこそ根気良く丁寧に誘いを繰り返している。面倒なハリス交換などもまったく問題にしない。とにかく根気がいい。

最終釣果

後半は時合いも過ぎてポツリポツリの拾い釣りとなり、20匹ほどゲット。小型サイズがほとんどだったが、ここで終了の合図となった。

釣果は、前半の好調時の蓄えが効いて64匹の数釣りだった。年中釣れるカサゴ、久しぶりに味わえた感触に大満足だった。

伊良湖沖カサゴ五目釣りで本命64匹 数釣り達成で満足【愛知】クーラーはカサゴで真っ赤(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大塩誠二)

<週刊つりニュース中部版 APC・大塩誠二/TSURINEWS編>

▼出船場所について
大井漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年5月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。