笑顔弾ける!子供たちのヘラブナ釣り大会【埼玉県つり処椎の木湖】後編

3月29日(木)、椎の木湖で毎年恒例のD.Y.F.C(ダイワヤングフィッシングクラブ)にコーチとして参加した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

いっぱしの釣り師

竿を絞る姿がサマになってます。

1年でいちばん楽しみにしているイベントで、6回目の今年は、埼玉県和光市の江口君と、東京都青梅市の前田君を担当。

驚いたのは、「いっぱしの釣り師」だったこと。

釣り好きのお父さんの影響で、2人ともに直近の釣行はワカサギ釣りで、前田君は177尾も釣ったという。

まず2人分の仕掛けをセット。

タナは1本強。

エサは「深宙ダンゴ/DAIWA」単品を子供達に自ら作ってもらう。

前田君はチョコンとあぐらをかいて、大人顔負けのヘラ釣り姿勢で、振り込みが完璧な「スーパー幼稚園児」。

鳥羽井沼自然公園の池で40枚釣ったことがあるという「ヘラ師の金の卵」。

この子が幼稚園児というのだから驚きだ。

もうひとりは、シャイな性格でエサがうまく丸められない江口君。

ともかく、2人ともオデコで帰すわけにはいかない。

まず基本ができている前田君は様子を見つつ、朝イチは江口君をきっちり集中コーチ。

前田君はすぐに1枚釣ってくれたが、江口君は飽きてウキに集中できない。

一方、タナをいろいろといじる前田君。

お父さんから教えられた「釣りへのチャレンジ精神」を披露。

そう、釣りはやってみて、反省して、次に釣れる工夫をすることが大切なのだ。

江口君は、エサを調整したり、ハリスを長くしたりと悪戦苦闘。

昼休み前にようやく竿を絞ってくれてホッとした。

午後はミニ釣り大会

悪戦苦闘して手に入れた魚!

午後からのミニ釣り大会は、前田君を集中コーチ。

競技開始前に1枚釣るもこれは検量対象外。

このあと、思わぬ展開が待っていた。

スタートしてすぐに前田君が1枚釣った。

すると、江口君が集中力を発揮。

なんと4枚も釣ってくれて、最後は陽気に鼻歌まじりで自分の釣りに没頭するほどに上達。

一方、前田君はスレで何度もバラシてしまい苦戦、釣果は2枚。

大型を手にした表情がたくましい!

前田君のお父さんも桟橋の奥で竿を出しながら、心配だった様子。

終了後に話を聞くと、昨年夏に同池で40枚釣れたので、今日は楽しみにしていたという。

だが、季節の変わり目はベテランヘラ師でさえ難しい時期。

2人ともに、最後までよく頑張った。

「スーパー幼稚園児」の末恐ろしい才能を見せられて大変楽しい一日だった。

お二人のお父さんには脱帽。

これからも、もっと楽しく親子でどんどん釣行してもらいたい。

また会おう!

<週刊へらニュース APC・榎本雅志/TSURINEWS編>

▼アクセス
椎の木湖
この記事は『週刊へらニュース』2018年4月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。