【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう

いよいよ各河川でアユ釣りが解禁間近。外出自粛の「ステイホーム」で蓄積したストレスを釣りで発散、ゲットしたアユを美味しく食べたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

Avatar photo TSURINEWS編集部

その他 レシピ

「アユめし」レシピ

シーズン初期~初夏にかけては、サイズが小振りで水分が多く、塩焼きには向かない魚が多い。やはり、「天然アユの塩焼き」を美味しく食べられのは7月半ばからだ。ここでは、そんな時期の魚を使って楽しめる、香り十分な「アユめし」のレシピを紹介。

ポイントになるのは「焼き加減」「炊飯の火を止めるタイミング」「土鍋ならではの余熱」。ぜひお試しあれ。

材料(3人分)

・アユ:小〜中型4、5尾
・米:2合
・ダシ汁(水でもよい):380㏄
・塩:小さじ1杯弱
・薄口正油:大サジ1杯
・みりん:大さじ1杯
・クレソンやミョウガ、ネギなど

下処理

1.撮影時まだ解禁していないので、写真の魚は昨年釣って冷凍しておいたアユを解凍したもの。鍋のサイズにもよるが小~中型4、5尾が適量。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程1(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

2.頭を残して、内臓とエラを除いて奇麗に水洗いする。この料理では臭みがでるので必ず取り除こう。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程2(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

塩焼き

3.横串を頭、胴、尾の手前に打って軽く塩を振る。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程3(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

4〜5.弱火で両面を焼く。焼くと言うよりも「乾かす」イメージで、じっくり時間をかけて(焼き加減を見ながら20分ほど)カラカラに焼き上げる。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程4(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

魚焼き用のグリルなどを使う場合でも、なるべく弱い火で、できるだけ長時間焼くことが肝要。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程5(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

土鍋で炊く

6.左の土鍋はちり鍋用、右はスープ炊き用。前者は底が薄く深い、後者は底が厚く浅い。熱が逃げにくく、しゃもじが使いやすい後者が最適。なければ前者でもいいが、余熱で調理するので、土鍋は必須。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程6(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

7.研いだ米を敷いて、焼いたアユを並べてだし汁を張る。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程7(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

8.中〜弱火で10分くらい炊飯する。火加減は最後まで一定。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程8(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

10分蒸らす

9.10分経って、見た目が「おかゆ」のようになってきたら火を止め、あとはフタをして鍋の余熱で10分蒸らす。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程9(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

10.アユの身をていねいにほぐし、頭、骨、ヒレを除去。硬そうな骨は除去したいが、小骨くらいは残して豪快に食べよう。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程10(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

11.クレソンを投入。ネギやミツバでも代用可。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程11(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

12.ごはんを混ぜる。おごげも程よく混ぜるのがベスト。

【釣果レシピ】アユめし:焼き&炊きで香りを満遍なく楽しもう工程12(提供:週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久)

<週刊つりニュース特別版 レストラン七曲り・上谷泰久/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース特別版』2020年5月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。