夜のライトゲームで22cmメバル顔見せ セイゴやカサゴも【三重・四日市】

夜のライトゲームで22cmメバル顔見せ セイゴやカサゴも【三重・四日市】

4月上旬の夜、三重県四日市周辺の釣り場へライトゲームにでかけた。22cmメバルに、セイゴやカサゴが登場の釣行をレポート。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市周辺でカサゴゲームから

ちょっと様子見で富洲原のテトラ帯に立ち寄ると、着いてビックリ。駐車スペースには、驚くような数の車が並んでいるではないか。

過密地帯を避けて釣り座を確保し、まずは癒やしのカサゴから。先発ルアーは五目ソフト・シュリンプをオフセットフックにセットし、シャンク部にガン玉を挟んだバランスショットリグと呼ばれるものだ。

夜のライトゲームで22cmメバル顔見せ セイゴやカサゴも【三重・四日市】バランスショットリグは根がかりに強い(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

20cm級カサゴ3キャッチ

開始するとアタリは頻発するが、どれもスッポ抜けばかり。とにかく根掛かりの少ないリグなので、大胆に攻めていく。テトラの隙間にフォールさせると、ようやくヒットしたのは極小サイズ。アタリの正体はこれか。

細身のワームなら一発だが、根掛かりも一発。あえてサイズダウンはせず、良型狙いに絞る。

夜のライトゲームで22cmメバル顔見せ セイゴやカサゴも【三重・四日市】カサゴは両型に狙いを絞った(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

これだけ人が多いと広範囲を探ることもままならないが、なんとか20cm級を3匹キャッチしたところでメバル狙い。0.5gのジグヘッドにパワーイソメをセットし表層から中層までを入念に探っていくが、本命は15cmほどの小型が1匹だけだ。

四日市港でセイゴ連発

30分ほどで切り上げ、次は四日市港に向かう。ふ頭周りも混雑とまではいかないが、釣り人の姿が目立った。

空いている常夜灯周りに車を止めて状況をチェック。穏やかな水面にライズはなく、流れもなさそうだ。小型のペンシルベイトをキャストすると数回のバイトは出たが、潮止まりも近いせいかヒットには至らない。ここでトップは断念。0.8gのジグヘッドに変更し、手堅い釣果を狙っていく。

水面より少し下のレンジを探るとセイゴが連発。10~20cmほどの差だが、少し沈めただけで反応の違いは歴然だ。

夜のライトゲームで22cmメバル顔見せ セイゴやカサゴも【三重・四日市】セイゴは水面直下で連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

壁際を探ればカサゴやムラソイも好反応。そんな中、どういう訳かメバルだけが渋い。過去の実績場をチェックしながら人のいない場所を選んでサオを出すが、メバルは顔の顔は拝めないまま最後のポイント。

待望のメバル22cmヒット

相変わらずライズはないが、下げ潮の流れも効いて状況は悪くない。しばらくペンシルを投げてみたが反応はなく、0.5gのジグヘッドに戻した数投目で小さなアタリ。再度同じラインを通すと今度は乗った。20cmには少し届かないが、まずまずのメバルだ。

夜のライトゲームで22cmメバル顔見せ セイゴやカサゴも【三重・四日市】数は出なかったが良型も(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

しばしの沈黙の後、2匹目のメバルは当日の最大寸となる22cm。だが、群れが小さいのかアタリは続かない。さすがに退屈なのでレンジを下げていくとカサゴやタケノコメバルが顔を見せた。ここから、もう1匹メバルを追加したところでアタリが途絶えた。

下のレンジを探ってもカサゴすら反応しない。まだ潮は動いているので期待は持てそうだが、これ以上粘る気にもなれず午後11時半に終了とした。

ライフジャケット未着用の釣り人の姿もチラホラ。耳タコではあるが、何かあってからでは時すでに遅し。波止釣りであっても必ず着用しよう。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年5月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。