オススメ釣り場紹介。投げ釣りでカレイを狙え!【淡路島西浦浅野漁港】

春も本番になり、グーンと気温が上昇すると、低水温期も回復して、徐々に水温が高くなる。それに伴って魚の動きも活発になり、大本命の花見カレイは盛期に突入。ほかにもポン級のアブラメ乗っ込みチヌ、スズキ早場キスなども釣れるようになって、波止の投げ釣りもにぎやかになってくる。そこで、今回はそんな大型が狙える兵庫・淡路島西浦にある浅野漁港を紹介したい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ポイントA 大波止の赤灯台の先端部

【A】大波止の赤灯台。

ポイント1は大波止の赤灯台の先端部。

朝夕は漁船の出入りが激しいので釣りづらい時もあるが、潮通しは抜群。

南へ流れる込み潮と、北へ流れる引き潮の両方が狙えるので、釣り時間は長くチャンスも広がって、30cm前後のマコガレイいい潮回りなら2ケタヒットすることもある。

釣り方は潮流の流れる方向へキャストして潮に乗せて広範囲に探るのが最良。

足元の捨て石際でも大型カレイポン級アブラメも釣れるので、必ず捨てザオも投入してほしい。

また西風の強い時には北側の一文字波止との航路筋も面白く、近投で探るとアブラメチヌ(クロダイ)の大型がヒットすることもある。

ポイントB 先端部から一つ目の曲がり角

【B】一つ目の曲がり角。

ポイント2は先端部から一つ目の曲がり角で、ここは南へ流れる込み潮のポイントであり、遠投よりも足元にシモリや藻場が広がっているので、近投でその黒く見える藻場回りを探る。

特に荒れ後には大型カレイやチヌにスズキが寄ることが多いので、辛抱強く探って欲しい。

ポイントC 埋立地の一番北側

【C】埋立地の北側。

ポイント3は埋立地の一番北側にあるポイントで、今シーズン40cm級が連発した超人気釣り場。

沖合いの水深は約3mと浅く、平坦な砂底に見えるが潮通しは抜群で、50mぐらいまでの近投でカレイのより場を見つけると数釣りもできる。

エサ取りのクサフグが多いのでエサはたっぷりと用意したい。

ポイントD 大波止の曲がり角

【D】大波止曲がり角。

ポイント4は大波止の曲がり角で、ここも大型カレイには定評があるので、盛期にはなかなか釣り座が取れない人気釣り場だ。

南側にはノリ棚があり、また北側にはブイが設置されていて、潮流の速い日には流れ過ぎてそのロープに引っ掛かることが多いので十分注意してほしい。

ここは遠投ではほとんど実績がなく、反対にチョイ投げの30m付近と、びっくりするぐらい浅い所44cmの大バンが釣れた。

40cm級も!

だが、ここもエサ取りが多い。

取り込みには釣り場全体の沖向きに設置されているテトラを下りることになるので、足場には十分注意して狙ってほしい。

今までの実績から、潮が止まるとほとんど見込みはなく、反対に止まっていた潮が流れ出すと時合いとなってアタリが連発することが多い。

潮時表で当日の潮回りを確認して、時合いを見逃さないように集中して狙うとヒットの確率も高くなると思うので、ぜひチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース関西版 APC・松尾幸浩/TSURINEWS編>

▼アクセス
浅野漁港
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年4月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。