【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選

グレ釣りと言えば豪快でダイナミックな磯釣りを想像される方が多いと思われるが、晩春から初夏に特に面白くなるのが波止のグレ釣りです。今回は初夏に向けて、楽しめる淡路島の波止グレ釣り場を紹介します。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・兵頭良弘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

波止グレ釣りの魅力

波止釣りは足場も良く、磯と違って比較的、安全な場所からの釣りとなるので「釣れるサイズが小さい」と言うイメージが強い。しかし、決してそんなことはなく、釣る場所や狙うポイントによって30~35cmクラスが数釣れるので、数ある釣りジャンルの中でも、それなりに釣果が期待できる釣りと言えるだろう。

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選30cm級のグレも釣れる(提供:WEBライター・兵頭良弘)

釣り方は磯と同様

「波止のグレ釣りってどんな釣り方をするんだろう?」と一瞬、考えてしまうかもしれないが、釣り方は磯のフカセ釣りとほぼ同じ。

まきエサでグレを浅ダナまで浮かせてさしエサを食わせる釣法を用いる。この時期のグレ釣りは、とにかくエサ取りをいかにして交わし、グレの口元へさしエサを届けることができるかで、釣果の明暗が分れると言っても過言ではない。

まきエサの配合例

従って波止釣りと言えどもまきエサの量はしっかりと用意しておくことが大切だ。私の場合、1日の釣りで使用するまきエサは生オキアミ6kgに配合エサである、グレパワーV9、グレパワーV11など比重の軽い配合材2袋に、沖撃ちスペシャルなど遠投力のある集魚材1袋を混ぜ合わせたものを用意している。

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選まきエサ配合例(提供:WEBライター・兵頭良弘)

波止グレの仕掛け例

波止のフカセでグレ釣りをする場合、私の標準的なタックル構成は、磯竿1号5.3mにレバーブレーキ付きスピニングリール3000番、道糸は1.5号、ハリス1~1.2号にグレバリ4~5号と言ったところ。磯釣りでのタックルよりもワンランク細いイメージだ。

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選波止グレの仕掛け例(作図:WEBライター・兵頭良弘)

オススメ釣り場:岩屋一文字

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選岩屋一文字(提供:WEBライター・兵頭良弘)

私が最初にオススメしたい釣り場は、岩屋港沖の一文字だ。この一文字は大きく分けて旧波止、新波止、ケーソンと呼ばれる3つの波止から構成され、どの波止も晩春から初夏のグレ釣りでは甲乙つけがたい好場だ。

急潮に沸くグレ

しかし、そんな中でも私のイチオシは、新波止・西側の「高場」と呼ばれるポイント。岩屋港の沖波止はどの波止も明石海峡に面しており、潮流がひとたび動き始めると川のようにゴウゴウと流れを増し、まきエサとさしエサを同調させるのにそれなりのテクニックが要求される。

ところがその潮流に付くグレの魚影は抜群に濃く、釣れるサイズも他の波止に比べるとひと回り大きく、波止でありながら磯釣りさながらのダイナミックで豪快な釣りが味わえる。

足場が高い

ただし、高場と言うだけあって潮が下げると5mのタモの柄では水面まで届かないので、最低でも6mのタモの柄が必要となるので注意してほしい。
水深は深いところで10m前後、ウキ下は1.5~2ヒロ前後でグレが当ってくる。軽

い仕掛けで本流筋を狙うと入れ掛かりすることが良くあるので、グレのキープには生かしバッカンを使うと便利だ。

▼この渡船について
岩屋渡船
出船場所:兵庫県淡路市

オススメ釣り場:浦港沖一文字

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選浦港一文字(提供:WEBライター・兵頭良弘)

次にグレ釣りに特化してお勧めしたい波止は同じく淡路島・浦港沖の一文字。この波止は全長が約200mとそれほど長くない沖波止だが、足場がケーソンになっていることから非常に狭く、釣りをする際は安全確保に十分な注意が必要だ。

狙うポイントは潮の上げ下げで流れがかわる潮流に合わせて、波止の両先端を狙うと良い釣果が得られることが多いものの、波止の中央付近でも十分釣れる。

まきエサでエサ取りと本命を分断

釣り方はケーソンと言うことで波止際狙いで30cmオーバーの良型がアタってくることが多いが、この時期はエサ取りのスズメダイが大量に湧いていることから、なかなかグレのタナまでさしエサを届けるのが難しく、やはりエサ取りとグレをマキエワークで分離し狙っていく必要がある。

ウキ下は1.5~2ヒロ。沖向きで食わないときは案外、港向きの内側で良型が連発することがあるので、攻め方をかえてみてほしい。

▼この渡船について
坂口渡船
出船場所:兵庫県淡路市

オススメ釣り場:仮屋一文字

【淡路島2020初夏】グレ狙い『波止フカセ』おすすめ釣り場3選仮屋一文字(提供:WEBライター・兵頭良弘)

3か所目に紹介するのは仮屋港沖の一文字。渡船で2~3分ほどの位置に横たわる仮屋沖一文字は全長が約600mで沖向き一帯にテトラが入っている。

このテトラがグレの住みかとなっていることから、グレの魚影が抜群に濃く、晩春から初夏のグレ釣りでは数、型とも期待が十分持てる。

2つの一文字からチョイス

また、仮屋沖一文字と並んで森漁港沖に森一文字があり、どちらも森渡船が渡しているので、その時の釣果状況に合わせてどちらの波止に上がるかを選択できるのが魅力のひとつでもある。

釣り方は他の波止と同様、フカセ釣りでグレを狙うが、ウキ下は1~1.5ヒロ。テトラに潜むグレをまきエサで誘い出し食わせていくので、竿1~2本沖を狙ってみたい。 

いずれにしてもこの時期のグレは活性が高く、就餌活動も活発なので、ビギナーでも比較的、簡単に釣ることができる。ぜひ、カップル、ご家族連れで思い出に残るグレ釣りを楽しんでみてはいかがだろう。

▼この渡船について
森渡船
出船場所:兵庫県淡路市

※記事内に登場する釣り場の現在の立ち入り状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<兵頭良弘/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。